韓国・日本・中国出身メンバーによる注目のK-POPガールズグループ“NATURE”が、2020年2月10日(月)に池袋harevutaiで日本デビューショーケースライブを開催し、2月12日(水)発売の日本デビュー曲「I’m So Pretty -Japanese ver.-」を初披露した。CDの予約購入者を対象に抽選で400名を限定招待したプレミアムなデビューライブで、シングル収録の日本語曲を続々と披露し、流暢な日本語で会場を盛り上げるなど、全7曲で会場を完全に魅了した。


LINE LIVEの生中継視聴者数は4万人を突破し、日本語のスキルと圧倒的なパフォーマンスに絶賛の嵐が吹き荒れた。“日常に疲れた現代人が自然に癒やされるように、明るくエネルギッシュな音楽でみんなを癒やしたい”というメンバーの願いが込められたグループ名の通り、リーダーの“LU”(22)は「これからは日本でもたくさんのリスナーを元気にできるように頑張ります!」と意気込んだ。学生時代に競技ダンスの全国大会優勝経験をもつ日本人メンバーの“HARU”(19)も「是非ライブ会場で私たちのエネルギーを感じて、みんなに充電して欲しいです!」とパフォーマンスに自信をのぞかせた。アジア圏での人気に拍車がかかり、2020年のブレイク候補大本命となったNATURE。全国各地でCD発売記念イベントを行うほか、2月27日(木)に都内で開催される大学対抗K-POPコピーダンスユニット日本一決定戦「UNI KP vol.4 決勝戦/敗者復活戦」の大会公式アンバサダーに就任しゲスト出演することも明らかとなっている。今後のK-POP界を担うガールズグループとして2020年は“NATURE”に注目だ。