人気声優の和氣あず未が、4月3日からリニューアルするBS11「アニゲー☆イレブン!」(金曜午後10:30)の三代目MCに就任。オファーを受けた瞬間について和氣は「イベントなどでの立ち位置として私は“ボケ担当”なので、MCには向いていないと思ったし、MC業は自分とはかけ離れたもの。『私でいいのか!?』が第一声でした」と驚いている。


MC業の参考にしたのは、声優の松井恵理子や徳井青空といい「お二人がMCを担当しているのを見ると、ツッコミの中に鋭さがあったとしても、そこに愛情を感じます。お客さんを盛り上げるのも上手だし、出演者の面白い部分を引き出したりして、それが人気の秘訣なんだろうと思う」と分析。


番組MCとして、その“愛のあるツッコミ”は「まだ出せていないかもしれない!」と照れつつ「私がツッコんだことによって相手が傷ついてしまったらどうしようと考えてしまって、よく知る相手ではないとツッコめないタイプ。この番組でMCを経験しつつ、ここまでいけるぞ!というツッコミの感覚を掴んでいきたい」と自らの成長に期待している。


2015年にスタートした同番組は、アニメ、ゲーム、漫画、ラノベ、コスプレなど世界中でファン急増中のポップカルチャーの最新情報を紹介する情報バラエティー。毎週多彩なゲストを迎えてトークを繰り広げるほか、イベントへの潜入取材や声優・アーティストによるコメントなども企画する。初回放送のゲストは鬼頭明里。


和氣は「初回収録は不安がありましたが、皆さんにご協力いただき、鬼頭明里ちゃんを呼んでいただいたので安心しました。緊張したけれど、何よりも楽しかった」と一安心。今後については「今年で放送5年目となり、番組を楽しみにしている方々も多いので、MCとしてゲストの魅力を引き出していきたいです。ゲストのプライベート面だけではなく、普段聞かない様な仕事への姿勢なども聞き出すことができれば」と意気込んでいる。