4月2日から放送がスタートする、矢作穂香×伊藤健太郎W主演のドラマ特区「ピーナッツバターサンドウィッチ」のオープニング主題歌が決定。


原作は、女性ファッション誌withならではの読者アンケートを元に、婚活世代の女子達のリアルな声を反映して描かれた同名漫画。with onlineで掲載が開始されてから、働く女性、恋に悩む女性に共感の嵐。婚活のあるあるや痛みもそのまま詰め込んだ共感度満点の内容が、大きな反響を呼び、驚異の1億PVを突破した超話題の婚活マンガだ。


物語は、バリキャリOL沙代(演:堀田茜)。看護師の美晴(演:瀧本美織)。信用金庫勤務の美和(演:筧美和子)。社長秘書の茜(Niki)という違った肩書と結婚観を持つ4人の女子たちが、「結婚」へ向けて奮闘するリアルな恋愛模様が描かれる。


本作がいわゆる婚活ドラマと大きく異なる点は、政府が立ち上げた婚活サポート機関・ピーナッツバターサンドウィッチーズ(略称:PBS)の存在だ。ドラマ版では、PBSが秘密裏に婚活女子4人の動向を視聴者とともに観察・分析。PBSの椿(矢作穂香)、小林(伊藤健太郎)、権田(伊藤修子)が、婚活女子の恋愛模様の合間に、データからみた恋愛解説や、スタジオトークのような恋バナを挟む試みとなっており、ラブストーリーとスタジオトークがサンドされた2度美味しい!恋愛バラエティ番組型の新感覚・ラブコメディとなっている。


そしてこの度、オープニング主題歌にビッケブランカの3rdアルバム『Devil』のリード曲『Shekebon!』が決定。本楽曲は、狂気とユーモアの爆裂ダンス・チューンに中毒性と攻撃性が孕んだ型破りなサウンド。”なぁまだまだこれから shake it 歩みをとめるな旅の途中”と前向きなメッセージが込められたビッケブランカらしい応援歌に仕上がった今作のMVは、公開僅か15日で300万回再生を超えるなど大きな話題となっている。


<ビッケブランカコメント>

恋に悩める働く女性の皆さんにとって、鬱屈した毎日が吹き飛ぶような痛快な作品ですね。"Shekebon!"が似合うことを願ってます。