動画配信サービスU-NEXTとカンテレがタッグを組み、宝島社『このミステリーがすごい!』大賞の関連作品をドラマ化する“『このミス』大賞ドラマシリーズ”。3月5日に放送、6日に配信がスタートした第5弾『そして、ユリコは一人になった』の第4話に『このミス』大賞ドラマシリーズ第1弾から全作品に出演、そして本作のクリエイティブ・アドバイザーを務める佐藤二朗が遂に登場する。

シリーズ第1弾『時空探偵おゆう 大江戸科学捜査』では江戸資料館の説明員役、第2弾『名もなき復讐者 ZEGEN』では佐藤本人も「気づかないかもしれない」という通行人役、第3弾『死亡フラグが立ちました!』では佐藤二朗ワールド全開の「おかしな警察署長」役、第4弾「連続殺人鬼カエル男」では靴屋の店員役で出演。自身がクリエイティブ・アドバイザーを務める第5弾『そして、ユリコは一人になった』第4話で佐藤はどこで、どんな役で登場するか注目だ。

<佐藤二朗 コメント>

『このミス』大賞ドラマシリーズの「佐藤二朗を探せ」も、この作品で最後になります。中には、僕の親戚縁者が見ても気づかんだろう、なんなら僕が見ても気づかんだろう、という作品もありましたが、今作はどうでしょう。さらに、今までは一度だけの出演でしたが、今作は何度か出演するかもしれません。あるいは一度も出演しないかもしれません。一度も出演しないなら私なんのためにこんなコメント書いてるんでしょう。なんにせよ、気を抜いた隙に出てくるかもしれませんので、皆さん、最後まで油断しちゃダメよ。




■『そして、ユリコは一人になった』
第4話/3月26日(木)24:25〜24:55放送・27日(金)配信
放送局:カンテレ 毎週木曜日24:25〜24:55(関西ローカル放送)
独占配信:U-NEXT 毎週金曜日10:00より配信スタート


<第4話あらすじ>
光野沙良(森迫永依)に襲われ間一髪のところで助かった百合子(岡本夏美)は、三つ編みに赤いスカーフ姿というユリコ様スタイルで登校したことを後悔する。ある日、生徒の一人が殺される恐ろしい事件が起こり、百合子と美月(玉城ティナ)は刑事から疑いの目を向けられてしまう。美月からユリコ様伝説のことを聞いた刑事は筒見(天野はな)を問いただすが、「全てはユリコ様の思し召しです」と語るだけで何の手がかりも掴めないでいた。そんな状況を嘲笑うかのように、また一人ユリコ様候補者が何者かに襲われ…。

(C)カンテレ