2018年、2019年と2年連続でカバーアルバム『IM A SINGER』、『IM A SINGER VOL.2』を世に送り出し大ヒットさせ、唯一無二のシンガーとして改めて注目を集めたレジェンドToshl。更に昨年は自身の絵画展も全国各地で成功させ、音楽以外のクリエイティブ能力の高さも改めて証明した1年となった。


2020年を迎え、年明け早々にテレビ朝日系列『ミュージックステーション』にて生出演する等、精力的なアーティスト活動を行っている中、4月から読売テレビ・日本テレビ系全国ネットで放送されるドラマ『ギルティ〜この恋は罪ですか?〜』の主題歌を担当することが決定した。同ドラマの原作は丘上あいのコミック『ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜』で、新川優愛、町田啓太(劇団EXILE)、小池徹平らが出演する。

Toshlがオリジナル楽曲でドラマ主題歌を務めるのは今回が初となる。そしてメジャーレーベルからオリジナル楽曲をリリースするのは22年ぶりとなり、その新曲『BE ALL RIGHT』は4月3日に配信がスタートする。新曲でドラマを盛り上げてゆくToshlに注目したい。


<Toshl コメント>

今回はドラマのオリジナルテーマソングの歌唱に初めてトライさせていただきました。ドラマをより盛り上げる演出としての歌声になるよう、ストーリーの人間模様の奥に流れるピュアな想いを『BE ALL RIGHT』という楽曲に込め歌唱いたしました。ドラマと合わせて、この楽曲も皆様に深く感じていただけましたら幸いです。


■Toshl『BE ALL RIGHT』
2020年4月3日(金)配信リリース
作詞:松尾潔
作曲:川口大輔、龍玄とし