「ABEMA」毎週日曜夜9時レギュラー放送『GENERATIONS高校TV』 。


5月3日の放送回では、番組開始から3周年を記念し、これまでの軌跡を振り返る「GENE高AWARD」を開催。GENERATIONSのメンバーがこれまでに挑戦した様々なバラエティ企画の中から、視聴者が選んだ“1年間のベストシーン”を「ナイスファイト部門」、「SING&DANCE部門」、「ハプニング部門」、「反省部門」などの様々なジャンルに分け公開し、数ある名シーンの中から「MVP」を決定した。



この1年、メンバーたちは後輩グループのFANTASTICS from EXILE TRIBE(以下、FANTASTICS)と様々な対決に挑戦する企画をはじめ、片寄涼太と女優の橋本環奈がW主演を務めた映画『午前0時、キスしに来てよ』の舞台挨拶潜入ドッキリ、放送100回記念として片寄の父親が音楽教師を勤める高校に訪問した親孝行企画など、笑いあり涙ありの様々な企画に挑戦してきた。たくさんの懐かしい映像の数々を振り返ったメンバーたちは、「あ〜これも良かったなぁ」「俺が人生で一番笑った日!」と、思い出トークに花を咲かせた。

そして、番組の最後にはMVPが発表され、第3回「GENE高AWARD」MVPには、ライブ公演を行うダンス&ボーカルグループE-girlsに“エナジー”を注入すべく、サプライズを決行した「GがEにエナジー注入SP」の企画で、お笑いトリオ安田大サーカスのクロちゃんにそっくりなマスクを被り奇跡のスライディングを披露した関口メンディーが選ばれた。


見事MVPに選ばれた関口さんは、「受賞初めてなんですよ。めちゃめちゃ嬉しい!ただ、俺なのかクロちゃんなのか…クロちゃんに感謝しなきゃいけないね!」と困惑した表情を見せながらも、「クロちゃんにこんなに救われると思っていなかったんですけど…これからはクロちゃんをソウルメイトとして、親交を深めていこうと思います」と、MVP獲得に貢献したクロちゃんへの感謝の言葉を述べた。


さらに番組内では、FANTASTICSとの対決企画で行った「ダンスdeおなら対決」に、当日挑戦していなかった片寄涼太、関口メンディー、白濱亜嵐の3人が初チャレンジ。トップバッターの白濱は、LIVEさながらの笑顔を見せながら手を振ったあとに渾身の“おならポーズ”を披露するが、なぜかスタジオは微妙な空気に…。すかさず佐野玲於が「もう1回いこうか!」と声をかけ再度チャレンジするものの、やはり微妙な空気になってしまい思わず「あれ?これ無観客だからですか?」とコメントし、メンバーの笑いを誘った。また、片寄の順番になると、メンバーからは「珍しいよ」「屁とかこかないでしょ」と心配の声があがるが、片寄は堂々としたイケメンポーズからのスタイリッシュな“おならポーズ”を披露。片寄の意外な一面に、メンバーたちは「いい表情よ!」と絶賛した。