BTSがオバマ元アメリカ大統領、サンダー・ピチャイGoogle CEOらと一緒にYouTubeが開催するオンライン仮想卒業式‘Dear Class of 2020’に参加する。


 

BTSは6月6日(アメリカ時間)YouTubeオリジナルでオンラインで開催される‘Dear Class of 2020’に参加する。YouTubeは2020年に卒業する世界の大学生や高校生、そして彼らの家族をお祝いするために今回の仮想卒業式を企画した。YouTubeが卒業式関連イベントを開催するのは今回が初めてだ。

 

'Dear Class of 2020'にはBTSを初め、バラク・オバマ(Barack Obama)元アメリカ大統領とミシェル・オバマ、Google CEOのサンダー・ピチャイ(Sundar Pichai)、アーティストのレディー・ガガ(Lady Gaga)、人権運動家のマララ・ユスフザイ(Malala Yousafzai)、ロバート・ゲーツ(Robert Gates)元アメリカ国防長官、 コンドリーザ・ライス(Condoleezza Rice)元アメリカ国務長官などが出演する。K-POPアーティストとしてはBTSが唯一招待リストに入った。


 

BTSは‘Dear Class of 2020’でオバマ元大統領、サンダー・ピチャイ、レディー・ガガなどと一緒に特別演説者として出る。さらにいろんなアーティストと仮想卒業式のアフターパーティーでパフォーマンスも披露する予定だ。

 

他にもアーティストのアリシア・キーズ(Alicia Keys)、ケリー・ローランド(Kelly Rowland)、俳優ケリー・ワシントン(Kerry Washington)、アーティストのクロイ&ハリー(Chloe x Halle)、ゼンデイヤ(Zendaya)などが出演する。