近未来の京都を舞台に人間とAIとの恋愛、結婚生活を描く小説『ぴぷる』が、『ぴぷる〜AIと結婚生活はじめました〜』としてWOWOWにて連続ドラマ化(全8話)、5月18日(月)深夜0時から放送スタートする。

2030年、人間とAIが結婚できるようになった近未来を舞台に、人型AIと結婚することを選んだサラリーマンの摘木健一(つみき・けんいち)と、その妻となった人型AIのぴぷる、そしてぴぷるを開発したAI研究者・深山楓(みやま・かえで)をはじめとする個性あふれるキャラクター達による、「AIと人間のあり方」を問うSFヒューマンコメディとなっている。アラサー独身男子の主人公・摘木健一を声優の梶裕貴が演じる。主役を務める梶に加え、人型AIぴぷるをアヤカ・ウィルソン、そしてミステリアスなAI研究者・深山楓を大原櫻子、さらに、忍成修吾、山田悠介、臼田あさ美、濱田マリと実力派キャストが脇を固める。

この度、本作で声優の下野紘の出演が明らかになった。下野が演じるのは起動時のAIの声。ファンであれば気付くであろう、特徴的なシーンとなっている。さらに、あらすじのナレーションも担当。下野といえば『進撃の巨人』のコニー・スプリンガー役や『うたの☆プリンスさまっ♪』の来栖翔役で知られる。本作の1、2、7、8話のメガホンを取った酒井麻衣監督は以前、下野が出演した朗読劇『いつもポケットにショパン』を演出している。下野の声がどこで登場するか聞き耳を立てながら見ても楽しめるだろう。

そして本作の第1話の無料配信が、『ぴぷる』の特設サイトとWOWOW公式Youtubeチャンネルにて、本日20時よりスタートした。WOWOWに加入していなくても見ることができる。第1話では摘木、ぴぷる、深山との出会いが描かれる。妻となったAIぴぷるに夜の営みを拒絶されたという摘木の相談を受けた、AI研究者・深山の驚きの提案とは?さらに先にお伝えした下野紘の声の出演シーンも第1話で確認できる。ぜひご覧いただきたい。


<下野紘 コメント>

声優の下野紘です。今回この【ぴぷる】で、あらすじナレーションやAI音声を担当させていただきまして、少しだけ本編を見させてもらいましたが・・・なんか、ニヤニヤしてしまいますね。何しろ主人公が、梶裕貴くんですからね!まるで親族のように見守りつつも、楽しく収録させていただきました!!世界観的にも近未来ということで、実際にこんな未来がやってくる可能性があるかもしれないと思うと共感する部分も多く、ボク自身いろいろ気になった作品です。梶くんの勇姿と共に、【ぴぷる】、たくさんの方に観てもらえたら幸いです。あ、梶くんのついででいいんで、ボクの声も良かったら聴いてやってください!



■WOWOWオリジナルドラマ『ぴぷる〜AIと結婚生活はじめました〜』

5月18日(月)よりスタート(全8話)
初回2話連続放送・第1話のみ無料放送
毎週月曜 深夜0時より WOWOWプライムにて放送
出演:梶裕貴 アヤカ・ウィルソン 大原櫻子 忍成修吾 山田悠介 神尾佑 加治将樹 清水葉月 藤田富 / 臼田あさ美 濱田マリ

(C)2020ドラマ「ぴぷる」製作委員会