佐藤健公式YouTubeチャンネルでは2日、『たけてれvol.69』が生配信された。佐藤健は髪を少し短く切った姿で登場し、時にはドSぶりも可愛さも見せながら、ゆる〜いトークを繰り広げた。


YouTubeチャンネル開設後、最初に生配信された『たけてれ』では、『恋はつづくよどこまでも』(恋つづ、TBS系)で共演した上白石萌音がゲスト出演し大きな話題となった。その後、神木隆之介プロデュースで、同じ事務所の桜田通、渡邊圭祐とともに4人でドライブロケをする「TAKERU NO PLAN DRIVE」が週に一回、全8回にわたりアップ。そして、1週空いて配信されたのが、今回の『たけてれvol.69』。


実況・椿本さんの甘噛みに佐藤がツッコむという滑り出しから、まずは近況報告。『いろはに千鳥』(テレビ埼玉)や韓国ドラマ『梨泰院クラス』、オンライン謎解きなど、「(時間が)足りないよ!」というほど、おうち時間が充実していたことを明かした佐藤。


ふと、「めちゃくちゃ6月をアピールしてきてる!」とセットの紫陽花を愛でるも、触ってみて「偽物!」。匂いを嗅いで「偽物!」。この紫陽花はのちに生配信ならではのハプニングも…。


来年GWに公開延期となった『るろうに剣心 最終章』については、「なんの不安や後ろめたさもなく映画館に行ける日が来てほしい」、また「(公開時期には)そうなっていて欲しいという一つの願いが込められている」と語った。そして大友監督の「時間があればあるだけ、よりよく編集できる時間が増える」というポジティブなメッセージも伝えた。


番組には、佐藤健が“親友”だという人物(?)からサプライズメッセージが!「かわいい!かわいい!!かわいい。」。かわいいを連呼する佐藤の様子に視聴者から「可愛い」の声が。その相手はアーカイブでご確認を。



「新春恒例書初めのコーナー」では、「何が新春やねん!」と毎度のごとく嫌がりつつも、「ここで俺がさあ、“健康第一”って書いたら面白くない?」と盛り上げながら筆を進ませる。出来上がったのは

なぞ解系
Youtuber
さとう

「肩書が俳優ということでやらせてもらってますけど、今年からは謎解き系YouTuberでやってこうかな」「今年はたぶんだけど、仕事はこっち(YouTuber)一本かも」と真面目な様子で話し、スタジオには笑いも起こったが、その本気度はいかに。


佐藤健YouTubeチャンネル登録数は184万を超えている(6月4日現在)。登録100万突破の金の盾を手にした佐藤だが、上には1000万のダイヤモンドの盾があると知り、「まだまだひよっこです」と謙遜。そんな佐藤にやってほしいYouTube企画を募集。ファンからの提案が読み上げられた。

料理→「却下」、歌→「却下」、一問一答→「もうやりました」。タケルさんがホットケーキ焼いて…「だから却下だって〜!」ことごとく却下な上に、見事なくらいの即答ぶりでドSな発言もちらほら。


そうかと思えば、「あつあつたこ焼き食べ」という提案に苦笑しつつも、「どうも!YouTuberで〜す!さて、今日はですね〜、あつあつのたこ焼きを食べてみたいと思います♪」「アツッ、アツッ…」「もう一個いってみます♪」とノリノリでYouTuberになりきる。


「タケルがボディクリーム塗るだけ動画」という提案には、「どうも!YouTuberで〜す!」またも斬新な出だしから、「今日はですね、このボディクリームを体に塗っていきたいと思います♪」。こちらもノリノリで演じ、視聴者からは「可愛すぎ」「需要しかない」との声も聞かれたが、一呼吸して我に返り「うーん…やる?」。「やっぱYouTuber体張ってんだわ、生半可な覚悟ではYouTuberはできない」とYouTuberへの敬意を表した。


他にも、好きな家事、1週間前に見つけた「いっちばん美味しいカレー」、「遠くにいない、近くにはいるけど変に話しかけない」という自身のポジショニングの仕方など、話題は多岐にわたった。また、ちょっと雑(?)なVTR振りや、一向に進化しないフリップへのボヤキなど、終始ゆるい雰囲気で行われた生配信。アーカイブ化されているので、まだの方はぜひチェックしてみよう。


画像:佐藤健公式YouTubeチャンネル「佐藤 健 / Satoh Takeru」より
佐藤健『たけてれvol.69』 動画サムネイル