世界文化社は、創刊750号記念『家庭画報 8月号』を7月1日(水)に発売。綴じ込み付録「メモリアルフォト特集 羽生結弦 栄光の軌跡」では、世界に誇るフィギュアスケーター羽生結弦選手の反響の大きかった15枚の写真を掲載する。


日本が世界に誇るフィギュアスケーター、羽生結弦選手。綴じ込み付録の「メモリアルフォト特集 羽生結弦 栄光の軌跡」は、『家庭画報』初登場となった2011年12月号から直近2020年3月号までの掲載で、反響の大きかった写真を主に集めた永久保存版メモリアルフォト特集となっている。


どんな状況下でも前を向く、羽生結弦選手。「来シーズンに向け、今の限界の先にと行けるよう練習していきます」。「今までの人生のすべてに胸を張れるような、最強の自分へ!」。東日本大震災、怪我と数々の試練を乗り越えてきた彼の発するメッセージのひと言ひと言が、希望の光となって道を照らしてくれた。2020年、新型コロナウイルスという未曽有の事態も、彼の姿に励まされることだろう。


■『家庭画報 8月号』
定価:1,400円(税込)

『家庭画報 8月号 プレミアムライト版』
定価:1,222円(税込)

発行:世界文化社

※『家庭画報8月号』『家庭画報8月号 プレミアムライト版』には、綴じ込み付録「メモリアルフォト特集 羽生結弦 栄光の軌跡」と別冊付録「2020下半期 開運・招福術」がつきます。