令和元日にデビューした “安斉かれん”。7月22日(水)に、ニューシングル『僕らは強くなれる。』を、まずは、サブスクリプション限定でリリースすることが発表された。同時に、ミュージック・ビデオ(ショート・バージョン)が、先行公開された。

次世代のポスギャルの一人として、ファッション誌などで活躍しながら、90年代リバイバルを意識したサウンドを掲げたニュージェネJ-POPの旗手として、アーティスト活動を続けてきた彼女。そんな90年代の音楽業界を描き、大きな話題となっているドラマ『M 愛すべき人がいて』では、現役の歌手がヒロインの歌姫の役を演じることもあり、大きな注目を集めている。

そんな彼女の新たなシングルは、自身が音楽の道を志すきっかけにもなった「吹奏楽部」での経験を思い起こし、何かに挑戦し続ける人々の日常を讃える応援歌となっている。そのタイトル『僕らは強くなれる。』は、本人曰く、不十分なものとのこと。

安斉かれん自身の音楽活動における原体験のひとつが、父親に連れられて観に行ったザ・ローリング・ストーンズのコンサートで心奪われたサックスの音色に憧れて入部した「吹奏楽部」での経験。

当初、シンプルなバンド・サウンドだった今作にも、本人からのアイデアで、ブラス(吹奏楽)アレンジが加えられた。そして、自身が懸命に打ち込んだ吹奏楽部での活動を思い返した時、降って湧いた一文が「破いたページの分だけ、僕らは強くなれる」だったと言う。

実際に、自身も地元の大会では金賞を獲得するも県大会では敗退。そんな挫折や失敗を含めた経験を経た彼女だからこそ、これまで積み上げて来た努力は、結果がどうであろうと決して無駄にならないことを、自分が主語で肯定する(讃える)応援歌が完成した。

そんなブラス・パートの演奏には、関連動画のYouTubeでの総再生回数1億回以上を誇る「京都橘高校吹奏楽部(全日本マーチングコンテスト金賞受賞)」が参加。まさに、夢や目標を追い駆ける真っ只中の彼らの力強い演奏にも、傾聴して欲しい。

遡ること2年前、2018年の夏にコラボレーション企画が始動。管編曲における日本の第一人者でもある「村田陽一」氏のアレンジと指導のもと、1年以上に渡るレッスンを経て、まさに、等身大の若者らしいユースほとばしる音像に仕上がっている。

なお、間奏部分には、安斉かれん本人もソプラノサックス奏者として参加している。さらに、本日、公開された上記のミュージック・ビデオでも、同校吹奏楽部との共演が実現。実は、彼らはマーチング・バンドとしても、大規模なシンクロを用いたパフォーマンス(動きやダンス)で、世界的な評価を得ている。

振り付けには、これまたwill.i.amやミッシー・エリオットとのワークでも知られ、自身も元WORLD ORDERのチーフ・コレオグラファー兼メンバーとして世界を席巻した「野口量」率いる「blank」を迎え、演奏と並行して2ヶ月に渡るレッスンが行われた。

制服ブランド「カンコー学生服」と共に、デザイン・パターン・生地に至るまで、全て今回のためだけに、新たに制作された希望を表す真白なコスチュームに、揃いで身を包んだ総勢100名の高校生によるフォーメーション・シーンは必見だが、今回のバージョンでは、まだまだ全貌が明らかにされていない模様。今後のフル・バージョンの公開に期待したい。

こんな時だからこそ、逆に、こんな時を全く予想できなかった頃に描かれた “日常の些細を懸命に讃える今作” が、きらめいて感じられる。

破いたページの分だけ(結果は辛い現実だったとしても、挑戦した数だけ)
「僕らは強くなれる。」は、7月22日発売。

<安斉かれん コメント>
実は「僕らは強くなれる。」というタイトルだけでは不十分で「破いたページの分だけ、僕らは強くなれる」という歌詞が、本当に伝えたいメッセージです。
私自身も、吹奏楽部だった時に、楽しい事も悔しい事も経験しました。
もっと色んなことに挑戦して頑張らないと!ですが、結果は成功でも失敗でも、まずは挑戦すること!ってすごく大切だと、私は、思えるから!
破いたページの分だけ「僕らは強くなれる。」 ぜひ、聴いてください。