HISのパーム油発電所に批判 東京ドーム600個分の森消失も=樫田秀樹

HISのパーム油発電所に批判 東京ドーム600個分の森消失も=樫田秀樹

樫田秀樹(ジャーナリスト)


「パーム油発電は、二酸化炭素(CO2)排出と熱帯林破壊によって、気候変動に悪影響をもたらす」

 大手旅行会社エイチ・アイ・エス(HIS)の子会社、HISスーパー電力が手がける発電所事業に、環境団体から厳しい批判の声が上がっている。同社が宮城県角田市で建設中のパーム油を燃料としたバイオマス発電所を巡り、環境NGO「FoE Japan」などは7月30日、建設の中止を求める約15万筆の署名をHISに提出した。NGO側は署名を直接手渡しての意見交換を望んだが、HIS側に拒否され、送付での提出となった。HISスーパー電力の担当者は「署名は真摯(しんし)に受け止める」としながらも、来年3月の稼働予定に向けて計画通り工事を進める方針を示している。


生態系に深刻な被害

 パーム油はアブラヤシの実から得られ、世界で最も生産量が多い植物油だ。2016年10月〜17年9月の1年間に生産された植物油1億9068万トンのうち、パーム油だけで6614万トンと3分の1を占める。その約85%はマレーシアとインドネシアの2カ国で生産され、日本には年間約70万トンが輸出されている。うち約8割は食用で、菓子やマーガリン、冷凍・レトルト食品、即席麺、外食の揚げ油などに使われ、残りの約2割は工業用。洗剤やせっけん、医薬品、化粧品などの原料となっている。

 HISスーパー電力のパーム油発電所の出力は、4万1100キロワットを見込むが、それには年間約7万トンのパーム油が必要となる。「植物油の発電」と聞けばなんとなく「地球にやさしい」印象を受けるが、環境団体が反対するのには理由がある。



 まず、原料のアブラヤシの栽培には、搾油工場を効率的に稼働させるのに最低でも3000ヘクタール(東京ドーム約600個分)もの熱帯林の樹木を全て伐採する「皆伐(かいばつ)」を伴う。つまり、そこにある生態系と村々を消し去ることになる。「FoE Japan」事務局長の満田夏花さんは「この20年間でインドネシアとマレーシアとで約350万ヘクタールもの森林がアブラヤシのプランテーションに転換された。生態系も先住民族も深刻な被害を受けている」と訴える。

 筆者は1989年以来、環境問題の取材でマレーシア・ボルネオ島サラワク州の熱帯林をほぼ毎年のように訪れ、「開発」による森の変貌を目の当たりにしてきた。サラワク州では90年代前半からアブラヤシのプランテーション開発が大規模に始まり、造成工事でうっそうとした森林は地平線まで見える裸の大地に変貌した。先住民族は、代々守ってきた土地と土地の権利を奪われてなるものかと、プランテーション企業やサラワク州などを相手に提訴する動きが相次ぎ、その数は150件を超えた。

 また、インドネシアでは熱帯雨林の下に泥炭が眠っている場所が多く、プランテーション開発業者が森を焼き払うと、そのまま泥炭も燃え、大規模な森林火災がたびたび発生していることも国際的なニュースになっている。

 このように、少し調べれば、アブラヤシのプランテーション開発がさまざまな問題を生み出すことはすぐに分かる。






週刊エコノミストの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る