不動産開発を拡大、洋上風力建設も 井上和幸 清水建設社長

不動産開発を拡大、洋上風力建設も 井上和幸 清水建設社長

── 大手ゼネコンの一角ですが、特徴は。
井上 1804年に宮大工が創業しました。215年間、建設事業ほぼ一本やりでやっています。社寺建築を専門にする部門があるのはゼネコンでは当社だけです。今回の天皇陛下の即位に伴う大嘗祭(だいじょうさい)でも、儀式を執り行う大嘗宮(だいじょうきゅう)の建設を請け負いました。全国の宮大工や資材の調達ルートなど長年のノウハウがあるのは当社の特徴で、やるべき仕事と思い受注しました。

── 2019年3月期の売上高は前期比10%増の1兆6649億円、最終利益は過去最高の996億円でした。好調の理由は何ですか。
井上 東日本大震災を受けて、国と自治体が国土強靱(きょうじん)化のためのインフラ整備をしっかりやっていくという施策を打ち出しています。民間でも製造業、非製造業ともに景気が良くなっているうえ、首都圏では大規模再開発が相次いでおり、当社だけでなく建設業界全体が非常に活況です。

── 最近の大型受注は。
井上 例えば、森ビルが東京都港区の虎ノ門、麻布台で進めている大型再開発プロジェクトです。その中心になる超高層ビルの建設工事を落札することができました。完成時には日本で最も高いビルとなります。

── 中期経営計画(19〜23年度)では、不動産開発に力を入れる方針を掲げています。
井上 ここ数年間、会社の業績が良くキャッシュフローが積み上がってきたので勝負する時と判断しました。今後の5年間を先行投資期間に位置付け、5年間で7500億円を投資します。
 金額的に一番大きくなるのが不動産の投資開発で5000億円の計画です。従来は開発して建設した後に、売却して利益を得るというビジネスモデルが中心でしたが、今後は当面保有します。安定した賃貸収入を得ることができるようになれば経営上の財産になります。

── 本業が好調なのに、なぜ不動産に多額の投資を。
井上 建設業界は今後、何年かは現在の建設投資のボリュームを確保できるでしょう。しかし、長期的には人口減少の影響を受けると考えています。また、建設業はどうしても景気の波の影響も受けてしまいます。そのため、建設の請負以外の事業を安定的に成長させて、持続可能な会社にしていく必要があると思っています。


週刊エコノミストの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る