“整(ととの)う”こと間違いなし! いいサウナの選び方

“整(ととの)う”こと間違いなし! いいサウナの選び方

サウナ愛好家の間で浸透している“整(ととの)う”という言葉をご存知だろうか? これは、サウナに入浴することで深くリラックスする状態を表した言葉。今回は、きっと“整う”良いサウナの見分け方について、“サウナ皇帝”として名高い熱波師の井上勝正さんに聞いた。

サウナ皇帝・熱波師 

井上 勝正


2009年プロレスラー廃業後、横浜鶴見区にあるスーパー銭湯『ファンタジースパ&サウナ おふろの国』に入社。ロウリュ熱波で日本各地のお客様に熱波と情熱を届ける。また、老若男女を引きつけるその熱きキャラクターで、サウナ熱波以外の子供向けお風呂イベントでも活躍、ライターとしても様々な媒体で執筆。




整いたいなら“愛のあるサウナ”を選ぶべし


サウナと水風呂の往復を繰り返し、その後ゆったりと休息をとっていると、ときおりとてつもなく心地よい感覚が訪れ深いリラックス状態を感じることができるという。これが、サウナ愛好家達の中で“整った”と表現されるディープリラックス状態だが、“整う”ためには良いサウナを選ぶことが欠かせない。一体、“良いサウナ”とはどのような条件を満たしているサウナなのだろう?



井上さん「私の考える“いいサウナ“の条件は常に不変です。まず、『摂氏60度以上あり、ロウリュ等で高い湿度が保たれていること』。サウナの語源が『蒸し風呂』であることから分かるように、サウナには湿度が必要です。目安として、温度の高さよりも湿度の高いサウナを選ぶと、大量の発汗がのぞめます。



次に、『定期的に換気が行われておおり、約18度以下の水風呂があること』。水風呂に慣れていない方にとっては18度の水風呂でもかなり冷たく感じるかもしれません。しかし、サウナ愛好家の間では18度の水風呂は一般的。水風呂が苦手でも省略せずに、十分に熱された体をしっかりと冷やすことで、“整う”確率は上がります。もし、どうしても冷たい水風呂に抵抗がある…というサウナ初心者の方は、36度以下のぬるま湯がある施設を選ぶとベスト。サウナ後に水風呂に入る前にぬるま湯に入ると、冷たい水風呂へのハードルを下げる事ができますし、凄まじく気持ち良いですよ。



最後に、『チェアーやベッドが程よい間隔で設置されている外気浴スペースがあること』。“整う”状態は、サウナ後の休息の時間に訪れます。外気の中チェアーに身を横たえてリラックスするスペースがあるサウナは、サウナ上級者にとってもサウナ初心者にとっても“整える”理想的な条件を全て兼ね揃えていると言えます」



そして、これらの“整える”条件を満たしている大前提として、『清潔であること』は欠かせない、と井上さん。



井上さん「清潔なサウナは、もはや“良いサウナ”と言うより、“愛のあるサウナ”と言った方がよいでしょう。愛のないサウナでは整うことはできません」


清潔感とスタッフの質で“愛のないサウナ”は見分けられる


“不潔なサウナ”=“愛のないサウナ”では整うことは出来ないというが、整うことが難しい“悪いサウナ”の見分け方は?



井上さん「不潔なサウナで整うことができないのには理由があります。いつまでも汗でビッショリと湿ったサウナマットを敷きっぱなしにしていたり、定期的な換気をせずに営業中も営業後も室内の空気が澱んでいたりするような不潔なサウナは雑菌が繁殖しますし、不快な臭いがします。サウナに使用されている木材の香りではなく、発汗と雑菌による臭いの中でリラックスすることは難しいです。



また、不潔なサウナでは、サウナ環境を作る運営スタッフの質も良くないことが多いです。マナー違反をしている入浴者へのお声かけや注意喚起を出来ないスタッフの元では、リラックスできません。優秀なスタッフがサウナ内の治安を敢然と守ることではじめて、入浴者が整える安心で安全なサウナになるのです。



また、サウナそのものの機能でいうならば、室内の温度が高い(約90度以上)だけで湿度は低く、カラカラに乾燥しているサウナは避けたいところですね。お肌と頭髪を痛める原因を作り、整うためには良くありません」


知識ではなく経験がものを言うサウナの選び方


ただし、どれだけ“整う”ための情報を持ち合わせていても、サウナ初心者がデビュー初日から“整う”ことができるとは限らないそう。



井上さん「サウナで整えるかどうかは、ご自身の体調やコンディションによっても変わってきます。また最近では、『ここは良いサウナか? 良くないサウナか? 水風呂は冷たいか?』という知識ばかりが選考して、『整いたい!』という欲望の塊と化している方もいらっしゃいます。しかし、私はサウナ入浴は一種の精神の浄化と考えています。煩悩に捉われすぎてはいけません。整うための情報で頭がいっぱいで、結局整えなかったからといって『サウナは暑いだけでつまらない』と結論を出すのはまだ早いです。まずは何度も、どんなサウナにも足を運んでみる。良いも悪いもサウナ通としての経験値になりますし、経験を積む上でご自身にとっての“いいサウナ”がどんな所なのか、“整う”感覚も身に付いてくるはずです!」



“熱波”のように熱く語る井上さんの言葉を信じて、サウナに足しげく通ってみてはいかがだろう。


最後にアドバイザーからひと言


「煩悩を消して精神を解き放つサウナ・熱波のことを、“カタルシスウェーブ”と呼んでいます。ぜひ、気軽にサウナを楽しみにきてください。そして、私がいたらぜひお声かけください。サウナトークを楽しみましょう! それではサウナでお待ちしています!!」

関連記事

おすすめ情報

エディトゥールの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索