愛媛大で紅葉ライトアップ 12月1日までの平日

愛媛大で紅葉ライトアップ 12月1日までの平日

 学内の紅葉スポットを市民にも開放して楽しんでもらおうと、松山市文京町の愛媛大で15日、ライトアップが始まり訪れた人は赤く浮かび上がった幻想的な世界に酔いしれた。
 点灯式で大橋裕一学長がスイッチを押すと、正門を入って北側に伸びる約200メートルの「紅葉通り」に植えられたモミジバフウ(アメリカフウ)に発光ダイオード(LED)投光機14台からまばゆい赤い光が放たれ「おお」「きれい」と歓声が上がっていた。
 燃料電池車も展示され、水素で発電した環境に優しい電力でライトアップの電源が賄われた。
 ライトアップは12月1日までの平日午後5時半〜8時に行われ、天候により中止になる場合もある。
 紅葉ライトアップ実行委員会は紅葉通りの愛称を28日まで募集し、命名者には農学部附属農場の生産品などを贈る。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

愛媛新聞ONLINEの他の記事もみる

中国/四国の主要なニュース

愛媛 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索