久万高原・二名川でホタル飛び交う 柔らかな光放つ

久万高原・二名川でホタル飛び交う 柔らかな光放つ

 初夏の風物詩ゲンジボタルが、愛媛県久万高原町二名の二名川で舞い始め、夜ごと柔らかな光を放っている。7月上旬ごろまで楽しめそう。
 住民によると、今年は例年より早い6月上旬に飛び始めたものの、ここ数日は気温が低い状態が続いたことなどが影響し、数は少なめという。
 12日夜も吐く息が白く染まるほどの肌寒さだったが、同町二名の上渡瀬橋付近では午後8時ごろから淡い光が浮かび始めた。午後9時にかけて数が徐々に増え、カエルの鳴き声とせせらぎが響く川面を幻想的に染めていた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

愛媛新聞ONLINEの他の記事もみる

中国/四国の主要なニュース

愛媛 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索