テニスの第34回日本リーグ第2ステージは15日、兵庫県のブルボンビーンズドームなどで始まり、男子8試合を行った。レッドブロックの伊予銀行は、MS&AD三井住友海上に2―1で勝ち、通算3勝2敗とした。
 伊予銀行は第1シングルスの片山が2―0でストレート勝ちし、第2シングルスを落とすも、ダブルスの飯野・河野が2―1とし接戦を制した。
 16日はオーエスジー(愛知)と対戦する。