国連の持続可能な開発目標(SDGs)に関するシンポジウムが16日、松山市文京町の愛媛大であり、県内の自治体・企業の関係者や高校生ら約220人が「世界を変える」ための役割や連携の重要性などを学んだ。