第35回ちびっ子健康マラソン大会(フジ、エスビー食品主催)が11日、愛媛県松山市上野町の県総合運動公園ニンジニアスタジムであり、約2600人の小学生ランナーが穏やかな晴れ間の下を駆け抜けた。
 走る楽しさを知ってもらおうと、両社が県内児童を対象に毎年開催。スタジアムを発着点に1〜2年生1.5キロ、3〜4年生2キロ、5〜6年生3キロのコースで競った。
 出場した児童は号砲とともに勢いよくスタート。スタンドからの大きな声援を背に受け、それぞれのペースでゴールを目指した。
 1年男子の部で優勝した松前町立松前小の鶴田勇心君(7)は「今まで練習してきた成果が出てよかった。もっと早く走りたい」と満面の笑みをみせた。