静岡県伊豆の国市でこのほど開かれた第14回全国高校生パンコンテスト(実行委員会主催)で、伊予農業高校食品化学科3年の高橋璃々香さん(18)が優秀賞の「カリフォルニア・レーズンJr.大賞」に輝いた。一緒に出場した北岡瑞姫さん(18)も特別賞「伊豆の国市商工会長賞」を受賞した。
 高橋さんの作品「伊予の華」はミカンの花をモチーフに、イヨカンピールやレーズンなど4種類の味を調和させた一品。華やかでかわいらしい見栄えに加え、味のバランスも良く、商品性が高いとしてカリフォルニア・レーズン部門でトップの評価を受けた。
 コンテストは1月、全国435件の応募の中から書類審査を通過した24人が出場した。味や出来栄え、調理技術などの実技審査に、試食やプレゼンテーションによる作品審査で最優秀や優秀、特別賞などの賞を決めた。
 地産地消部門で出場した北岡さんの作品は特産の中山栗にこだわった「むぎゅっと!WAまろん」。本番では2種類のパン生地を使ってきれいなリングを形作ることができ、古里への思いを込めたプレゼンテーションも高く評価された。