3月末で営業を終える方針の大洲市直営浴場「長浜なぎさの湯」(愛媛県大洲市長浜)について、住民らでつくる「なぎさの湯を守る会」は12日、浴場存続を求めるため大洲市役所を訪問。二宮隆久市長に宛てた住民ら326人の署名はがきを藤田修市民福祉部長に手渡した。