1956年メルボルン五輪水泳200メートル平泳ぎ銀メダリストの故吉村昌弘さん(愛媛県宇和島市出身、1936〜2003年)の銀メダルなどが、松山市上野町の県生涯学習センターに寄贈された。8日からセンター内の愛媛人物博物館の常設展で公開している。
 吉村さんは宇和島東高校から日本大に進み、1955年の競技会で男子200メートル平泳ぎで当時の世界記録を樹立した。同種目で出場したメルボルン五輪では、潜水泳法を駆使して当時の五輪新記録の2分36秒7を出して銀メダルを獲得した。
 銀メダルの実物や五輪水上選手団の色紙、五輪出場を決めた日本選手権のメダルなどが妻文子さん(80)=東京都品川区=から寄贈された。世界記録認定書などが並ぶセンターの常設展示に、新たに5点が加わった。
 文子さんによると、吉村さんが現役の当時は戦後の食糧難で、選手も栄養失調気味だったとみられ「五輪に出場するには相当な努力が必要だったのではないか」という。吉村さんは大学卒業後、すっぱりと水泳から身を引いて自身の功績を話すことは少なかったそうだ。
 文子さんは「若い人や子どもたちに展示を見てもらい、努力すれば五輪にも行けることを知って頑張ってもらいたい」と話している。
 展示は愛媛人物博物館3階の第5展示室で。開館時間は月曜日を除く9時〜17時半。