人口減少問題の克服や地域活性化のための理念をまとめた「愛媛県版まち・ひと・しごと創生総合戦略」の第2期版(計画期間2020〜22年度)の19年度中の策定に向けて県が専門家らの意見を聞く県人口問題総合戦略専門委員会が12日、県庁であった。県は新たな視点としてデジタルシフトへの対処、関係人口の創出・拡大、SDGs(持続可能な開発目標)の推進を盛り込む方針を示した。