新型コロナウイルスの集団感染が起きた米プリンセス・クルーズ社のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の日本法人「カーニバル・ジャパン」(東京)が、3月28日に松山港に入港するクルーズを計画していることが12日、分かった。同社は取材に「今のところは運航予定だが、今後の状況次第では分からない」と説明している。
 同社ホームページなどによると、松山港に寄港する3月のクルーズは24日に横浜港を出発し高松、高知などを経て28日午前7時に松山港に入港。オプションツアーや自由行動の後、同日午後6時に出港して韓国・釜山に向かい、4月2日に横浜港に戻る。ほかにも5、6、11月に松山港に入港する予定がある。
 松山港の管理者の県港湾海岸課はダイヤモンド・プリンセスについて過去の入港で経済効果があった一方、県民の不安があることも承知していると説明。カーニバル・ジャパンと特にやりとりはしていないとし「検疫や入国管理なども絡み、県だけの問題ではない。関係機関と連携して国の動向などを注視し情報収集に努める」としている。
 松山市は「中止するとの連絡は入っていない。松山港でのおもてなしなど、予定通り受け入れ準備を進めていく」とした。