西アフリカのガーナ北部にあるボナイリ村で製作したアフリカンプリントのバッグやエプロンなどの即売会がこのほど、愛媛県今治市共栄町1丁目の今治ホホホ座であり、多彩な色と大胆な柄が特徴の品々を買い求める市民らでにぎわった。
 元外務省職員で今治市出身の原ゆかりさん(33)が、東京で経営するアフリカ産品輸入販売などの「SKYAH(スカイヤー)」が扱う品物を取りそろえた。原さんが2012年に創設し共同代表を務めるガーナの非政府組織(NGO)「MY DREAM(マイドリーム)」が手掛ける支援活動の一環でもある。