経営再建中の八幡浜漁協(愛媛県八幡浜市、福島大朝組合長)が、29日までに八幡浜市内で通常総会を開いた。漁協によると、出資していた市第三セクター「宇和海文化都市開発」が3月末に解散したのに伴う特別損失を2019年度決算に計上。財務改善計画では19年度当期剰余金を8272万円としていたが3345万円にとどまり、単年度達成率は40.4%と報告した。
 漁協によると、市の有料釣り場「おさかな牧場シーロード八幡浜」(同市向灘)を運営していた三セクが経営悪化などで解散し、出資分1700万円が特別損失となった。