映画『銀鏡 SHIROMI』星と大地をつなぐ神楽の里の物語 制作&上映プロジェクト!いよいよ大詰め

映画『銀鏡 SHIROMI』星と大地をつなぐ神楽の里の物語 制作&上映プロジェクト!いよいよ大詰め

星と生きる神楽の里、銀鏡。
映画「銀鏡 SHIROMI」の制作&上映プロジェクト!

■ 銀鏡との出会い

日本の神話を旅する写真家・赤阪友昭です。今から20年ほど前のこと、友人から「ちょっと変わった神楽を観に行こう」と誘われたのが銀鏡との出会いでした。

宮崎県奥日向にある山奥の小さな集落「銀鏡」、ここに古えより伝わる神楽が残されています。「星の舞」 から始まる銀鏡神楽です。日本中に神楽は数多あれど、星への祈りを舞う神楽は他にありません。その歴史は500年と言われていますが、銀鏡の暮らしは古く縄文時代まで遡ることができます。銀鏡神楽の精神は、宇宙の星々が地上の生命の源であることを教える古代アニミズムの信仰にも通じています。自然に生かされているという感謝の祈りが、時代を超えて銀鏡の里で神楽として受け継がれてきたのかもしれません。

しかし、銀鏡も過疎という現実を前に神楽の伝承や暮らしの維持の危機に直面してきました。理由は、時代 が変化し山の恵みだけでは生きていけなくなったからでした。では、いったいどうすれば神楽を守りながら、この先の未来も子どもたちがこの村で暮らせるのか?答えは「ここ」に仕事を作ることでした。古来より銀鏡に自生していた柚子を使って、生産から加工までを担う会社を立ち上げたのです。様々な苦労を経て半世紀 が経った今では、その商品は世界中にファンを獲得するまでに成長しました。

雇用ができたことで村に暮らすことができるようになり、それだけではなく銀鏡の魅力に惹かれて外から就職してくる若者まで現れました。人の営みは風土を育み、また風土は人を育みます。銀鏡の人たちは自分たちの暮らしだけでも大変な環 境の中で20年以上にわたって山村留学を続けてきました。多くの子どもたちとその家族が、銀鏡の自然や人とのつながりを感じることで生き生きと生きる時間を取り戻してきたのです。
 
山奥の超限界集落になぜそんなことができたのか?それは「この村に昔からある神社と神楽のおかげ」だと彼らは言います。神さまに奉納する神楽を守ることは、偽りのない生き方をすることであり、人として誠実に 生きることです。その心を支柱として、銀鏡の人たちは「千年」という未来を生きていこうとしています。古えの先人たちの記憶と知恵を伝承し、常に未来を想像しながら変化を恐れず毎日を懸命に生きる。

動かないようにみえる北極星ですら、地球の地軸の傾きが起こす歳差運動によって何千年か毎に別の星に移り変わります。今の北極星はポラリスですが、約11,500年前の縄文時代にはこと座のベガ(織姫星)でした。移り変わる星々に導かれ宇宙の循環の中に生きる銀鏡は、時代を超えて生き生きと在り続ける可能性に満ちています。

「銀鏡」は、古層に秘められた記憶を残す数少ない村です。彼らは、星への祈りを心の柱として、山の恵みである柚子を使って、千年という未来を生きようとしています。遥か時代を超えて祖先から残された星の神楽を道しるべに、大地に根ざして懸命に生きる銀鏡の人々を捉えた映像は、ひょっとしたら何万年という未来へと日本を導く北極星となるかもしれません。私たちはこの映画「銀鏡 SHIROMI」を通して、未来を生きる子どもたちに、太古より伝えられてきた記憶や智慧が「受け継ぐべき心の在り方」を教えてくれることを知ってほしいと思うのです。

【あらすじ】
凍てつく冬の夜、太鼓と笛の音が山里から聞こえてくる。
ここは宮崎県西都市銀鏡。奥日向にある神楽の里。

夜空に瞬く星のもと、古えより伝わる「星の神楽」を舞う。
祈りは、星に住まう神々へ届けられ、宙からこぼれた星々が、やがてこの地を恵みで満たす。

映画『銀鏡 SHIROMI』には、二つの時間が流れます。

ひとつは、かぐらの里の一年です。日本の中でも超限界集落である銀鏡。この地には、柚子や唐辛子を生産し、加工までを担う人々の姿があります。今という時間をひたむきに生きる彼らの暮らしの時間です。 

そしてもう一つは、銀鏡の自然そのものがもつ時間。星降る夜、宙を見上げれば、そこには銀河の時間すら感じることができるでしょう。この二つの時間が一年に一度だけ邂逅する瞬間が訪れます。それが銀鏡神楽です。銀鏡は、今も神聖なる自然と人が一体となって存在している場所です。カメラは、銀鏡の四季を巡り神楽と共に生きる里の人たちの暮らしと時間を辿ります。

※星と生きてきた神楽の里、銀鏡。映画「銀鏡 SHIROMI」の制作&上映プロジェクト クラウドファンディングによる応援をよろしくお願いいたします。

■ 映画『銀鏡 SHIROMI』製作委員会について

代表:赤阪友昭
事務局:中山晶子
委員会メンバー:古木洋平、上ノ薗正人、牛久保賢二、坂田佐武郎、農業生産法人株式会社かぐらの里、銀鏡神楽保存会、奥日向銀上山村留学実行委員会、山がっこ銀上


関連記事

おすすめ情報

映画ログプラスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索