本来自由に作っていいんですよ、映画って。

本来自由に作っていいんですよ、映画って。

2012年10月17日の若松孝二監督逝去から6年。いまや日本映画界を牽引する俊英白石和彌監督が、師匠若松さんが時代と共に駆け抜けた33歳当時の若き日を見事に再現。白石監督自ら「映画を武器に戦ってきた若松さんの声をもう一度聞きたい」と企画した本作『止められるか、俺たちを』は、記念すべき若松プロダクション映画製作再始動第一弾です。今回は、10月13日(土)の公開を記念して白石和彌監督にたっぷりとお話を伺いました。

―すべてのキャラクターに味があって、存在感を感じました。こういった感じを醸し出すのは、やはり白石監督の演出の妙なのだと思いました。

出てくる度に字幕をいれてとか、あるかもしれないけど、そうじゃなく。みんなすごい人たちなんだけど、でも若い頃って“何者でもない”じゃないですか。それはめぐみ(主演:門脇麦)だけではなく、秋山道男もそうだし、足立さんとか若松さんは既に監督をやっていましたが、誰しもそういう時期があると思っていて。あの瞬間“何者でもない”人たちが、なんとなく段々と見えてくるようにしたいな、と思っていました。

―そして、門脇さんと井浦さんの二人がこの役柄を引き受けて下さったことが大きいのでは?

麦ちゃんはもちろんのこと、新さんが若松孝二さんをやるという・・・。これ以上はないんじゃないかという無茶ぶりでしたから。それはよくやってくださったと思いますよ。新さんがいないと絶対に成立していない映画なので、感謝です。

―自然な演技は新さんだからこそ出せた?

だと思いますね。僕より、なんやかやで若松監督と過ごした時間は長いんじゃないかな。色んなこと振り返ると、僕が監督として何も言わなくても、若松さんが言っていたことを(新さんは)体現してくれていましたし。

―井浦さんと会話は?

新さんが三島(2012年公開『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』)をやった時もそうなんだけど、モノ真似にしても仕方がないので、「新さんなりの若松孝二さんをやってくれ」ということと、あとはまだ若さがある33歳当時の若松さんだから、「それは僕らが知っている若松孝二よりももう少し肉体性が強かったはずだから、それはどこかで出せるといいよね」という共通認識は多少あったと思います。
でも多くは語らないですよ。「もっとこうして」とか「もっと東北弁の訛りを入れて」とか、そういう細かい部分はお任せでしたね。

―クランクインから若松さんだった?

そうですね。もう持ってきれくれたものが、「あ〜、なるほど」と。あとはそれをクランクアップまでキープしてもらうだけですよね。

―一方で本作の主人公となるめぐみさんを演じた門脇さんの弱さだったり、ふとした瞬間の表情だったりがすごく自然で、役になりきっているように感じました。

まず、ちゃんとした人としての芯の通った強さと、同時に頑張り過ぎてたらポキッと折れちゃうんじゃないかという儚さを、両方持っていて、それを演じ分けることができることが麦ちゃんの強さだと思います。
(パンフレット写真を見ながら)あとこの見てる先、“何を見ているんだろう?”って想像させてくれるんですよね。麦ちゃんの目って。それが、麦ちゃんの最大の魅力かなって勝手に思っているんだけど。視線の先の、そこがキャッチ―なんだと思いますね。
あとは60年代、70年代の人物を演じるうえでのアンニュイさとか、当時の人っぽい感じとかを元々持っているんだと思うけど。その感じがすごい伝わるから、素晴らしい女優だと思いますよね。

―現場で印象に残っていることは?

めぐみさんが亡くなった時に、写真集というか作っていて、それを一冊麦ちゃんに渡したんです。すると、毎朝現場に入る時にそれを見ることを麦ちゃんが日課と言うかルーティーンにしていて、「私に乗り移れ!」と思いながらやっていたんじゃないかなと思うんですけど。


関連記事

おすすめ情報

映画ログプラスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索