描きたかったのは日常の中に潜む恐怖

描きたかったのは日常の中に潜む恐怖

1/25公開『ジュリアン』グザヴィエ・ルグラン監督&トーマス・ジオリア インタビュー

家族の関係を描いた繊細な人間ドラマでありながら、張り詰めた緊張感が観る者を襲う傑作サスペンス映画『ジュリアン』は、1月25日より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開いたします。本作品で第74回ヴェネチア映画祭で最優秀監督賞を受賞したグザヴィエ・ルグラン監督と、映画初出演で主役ジュリアンを務めるトーマス・ジオリアさんに、映画制作についての想いをたっぷりと伺いました。

―― 今回、DVや親権問題など社会的なテーマを取り扱っていると思いますが、監督はそこにスリラーやサスペンスの要素を入れ込んでいると思います。それは、一歩間違えると中途半端になって非常に難しいと思います。そもそも、どうしてそういったアプローチをとったのか?その辺はどういう風に社会性とエンターテインメント的なスリラー・サスペンスとのバランスをとったのでしょうか?

ルグラン監督:

今回、多くの被害女性の方々に会って、様々な証言などを得ました。私は、日常の中に潜む恐怖を描きたかったんです。エンターテイメントによる大掛かりな、アメリカのホラー映画のようなスリラー、非常に暴力的なシーンが多い、モンスターが出て来るようなハリウッド映画を創るのではなくて、例えば森の中で殺人が起こるとか、本当に日常生活の中に潜む恐怖といったものをリアルに描きたかった。そしてリアルを描くライン、ちょうど境界線なんですけど、それは日常生活の中において何が最も恐怖や、そういったテンション(緊張)をもたらすのか。そういった張りつめた恐怖感をどのように表わすのかというのは、私の今回の映画での挑戦でした。

―― 家族それぞれいろんな視点で撮られているとように感じました。制作において気を付けたことを教えてください

ルグラン監督:

この映画というのは非常に構成をしっかり考え、様々な人の視点から撮りました。一見、子供の視点からとられているようにも思えるのですが、実際の構成は、メインはアントワーヌで、夫の行動をフォローしているんです。このアントワーヌという人物は自分の周りの者たちを操ることによって、自分の欲しいものを手に入れています。まずは判事を操り、それから子供を操る、そして最後は妻を手に入れようとする、と言う風に。アントワーヌを巡ってのいろんな動きをフォローしていくわけなんです。

冒頭に裁判シーンがあるんですが、観客は元夫と元妻のどちらが本当のことを言っているのかわからないと思います。それは、観客には判事のように中立の立場を取って欲しいと思いそのような脚本にしました。

―― ジュリアンはお父さんのことをあの男という表現で呼んでいました、トーマスさんは演じている上でお父さんに対してどういういうお気持ちでしたか?

トーマスさん:

勿論、パパと言う風には言えない程、父親のことを嫌っていて嫌悪感があるので、名前を発するのも嫌だという気持ちがあの男と呼ばせました。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

映画ログプラスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索