『そらのレストラン』 深川栄洋監督インタビュー

『そらのレストラン』 深川栄洋監督インタビュー

洞爺湖を舞台にした『しあわせのパン』(2012年)、空知を舞台にした『ぶどうのなみだ』(2014年)に続く、北海道映画シリーズ第三弾となる北海道道南にある“せたな町”を舞台にした映画『そらのレストラン』が明日1月25日(金)より全国公開となります。
“パン”、“ワイン”に続き、“チーズ”と“仲間”がテーマの本作は、誰かと一緒に生きることによって、一人よりも更なるしあわせを育むことができる。みんなで手を合わせ「いただきます」を言った後の笑顔はかけがえのない瞬間であると気づかせてくれる心温まる物語です。
主演の大泉洋は、牛を飼いながらチーズ工房を営む亘理(わたる)役を、繊細かつ自然体に体現。
そして亘理を温かく見守る妻・こと絵役に本上まなみ、東京から一人でやってきて牧羊を営む若者・神戸(かんべ)役に岡田将生と、個性的な実力派俳優が脇を固めています。
更に、亘理にチーズ作りを教えるチーズ職人・大谷を北海道出身であり、数多くの作品で名脇役としても名高い小日向文世が務め、その妻には風吹ジュンが扮し、北海道の大地のような温かさで亘理たちを見守ります。

今回は、本作で北海道映画シリーズ初監督を務めた『神様のカルテ』や『サクラダリセット』など話題作を発表し続けている深川栄洋監督に、本作で大切にしたことや、作品に込めたメッセージなどたっぷりとお話を伺いました。

北海道でUFOを何度も観た人と出会う!

―― 神戸ちゃん(役:岡田将生さん)が羊を探すシーンが印象的でした。「もう(羊を探さなくて)いいですよ」と言った後に、みんなが「何言ってんだ、お前は?」と反応したシーンですが、このシーンは北海道独特のストレートな表現の凝集であり、北海道の良さを表現したのではないでしょうか?

深川監督:
岡田君が演じた“神戸ちゃん”は依然として東京人の顔をしていて、まだ北海道の人間になれない人って感覚で、その言葉を何気ないところで出してみたんです。

実は、僕がこの映画に向き合い始めた時、北海道の現地に行ったのですが、実際にモデルになった「やまの会」というメンバーの人たちがいたんです。その人たちと仲良くなって、酒を飲みながら話をしていくと、凄く正直な方達で。
僕たちは何か遠慮したりとか、どこかで線を引いたりとか、何かこの場を崩しちゃいけないと思って、どうにか発言をしようとしちゃうんですけれど、彼らは距離感を作らない人々でした。

また、「やまの会」のメンバーの中にUFOが好きな人がいて、実際にUFOを何度も見てるんだって一生懸命喋ってくれるのですが、それ以外にはあまり喋らない方がいるんです。それが、すっごく面白い。
UFOのことをチラッと聞くと、凄く目を輝かせて話をしてくれて、とても素直で、僕たちにはちょっと、ないなって。子供の時とか、まだ社会なんかと関係なく生きてる時はそういう風な気持ちもあったんですけど、“あ、そういうこと言っていいんだ!”っていうか、何というか、そういう素直なのも映画の中で見えるといいなって。チョコチョコと、そういう感じを入れていきました。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

映画ログプラスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索