子供の立場から伝えたいこと。映画『こどもしょくどう』 藤本哉汰、鈴木梨央

子供の立場から伝えたいこと。映画『こどもしょくどう』 藤本哉汰、鈴木梨央

3月23日から岩波ホールほか全国順次ロードショーとなる映画『こどもしょくどう』は、豊かに見える今の日本社会のひずみを受け、満足な食事をとることのできない子ども達の姿を、同じ子どもの視点から描いたとても素敵な作品です。

今回は、食堂を営む両親と妹と健やかな日々を過ごしていた小学5年生の高野ユウト役の藤本哉汰さん、河原で父親と車中生活をしている姉妹の姉ミチル役の鈴木梨央さん、ダブル主演のお二人に撮影時のユウトとミチルの気持ち、そして公開を控えた哉汰さんと梨央さんの“今”の大切な気持ちを真っ直ぐにお話していただきました。

―― まず、車中生活をしているミチルを見つけました。心配になったユウトは両親にも状況を伝えますが、何日たってもミチルの置かれた状況は変わりません。この時のユウトの気持ちを教えてください。

藤本哉汰(ふじもとかなた)さん
普通の考え方かもしれませんが、僕としては“多分子供の言っていることだから、そんなに(両親は自分のことを)あてにしていない”というか“(ミチルとヒカルは)どうなるの?”って思っているけれども、ユウトは本当はミチルとヒカルを助けたいんだなということが段々と伝わってきました。最終的にユウトは爆発するのですが、その時は“ミチルやヒカルのことをどう助けたらいいのか?”そういうことを強く思っていたんじゃないかなって思います。

―― 子供の時ってなかなか言葉できちんと伝えることができなかったりしますよね。やっぱり、分かって欲しいのに分かってくれないじれったさを感じたということですね。

藤本哉汰さん
そうですね。

―― 子供の立場でもミチルの様な子供を助けるためには、色んなことを学ばなければいけないってことでしょうか?

藤本哉汰さん
そうですね、ユウトじゃなくて、僕目線というか。ニュースとかでは聞いたんですけど、子供食堂のことをこの台本が渡されるまで詳しくは知らなくて、いろいろと調べました。

―― 凄い!調べたんですね。
一方で、鈴木梨央さんはミチルを演じられました。お母さんもお父さんも、ミチルのそばにはいてくれません。会いたくても会えないという状況でミチルはどんな気持ちだったのでしょうか?

鈴木梨央さん
そうですね、ミチルを演じている上で感じたのは、やっぱりミチルは両親に会いたいという思いが強くて、ずっと(両親を)待っているわけです。こんな苦しい車中生活、苦しい状況の中でも、多分お母さんに会えるからって待ち続けているミチルの気持ちを考えると、すごく胸が痛くなりました。実際演じていて、苦しくなる時がありました。でも、最終的にはユウトたちに救われるんですけど、私も撮影中はしっかりミチルを演じて、この映画を見てくださる方にちゃんとお伝えできればなと思いました。

―― 車の中で頭を抱えながら、車中生活の現実に押し潰されそうになっていましたよね?

鈴木梨央さん
そうですね、ミチルがどうしてああなっちゃったかっていうと、両親との思い出を回想するシーンにもあったように、以前は幸せな生活を送っていた、それが今となっては車中生活という苦しい状況の中にいる。ミチルの中でフラッシュバックしてお母さんとの楽しい思い出やお母さんの声とかを思い出したら、辛くなってきちゃって駆け出したくなっちゃうところだったんです。

―― なるほど、フラッシュバックで思い出し、今の生活とのギャップに耐えられなくなってしまった?

鈴木梨央さん
はい、それでやっぱりお母さんに会いたい…。雨の中を撮影したのを鮮明に覚えています。


関連記事

おすすめ情報

映画ログプラスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索