武田梨奈、自身が演じたキャバ嬢ノリコのピュアな女心を語る!
映画『いざなぎ暮れた。』
公開記念インタビュー!

2019年4月に開催された「第11回沖縄国際映画祭」で上映するために製作された映画『いざなぎ暮れた。』が、島根での先行公開を経て、本日3月20日よりテアトル新宿での東京公開を迎えます!

太古から2680年以上も続く神聖な祭り事・諸手船神事(もろたぶねしんじ)が行われる町・島根県松江市美保関町を舞台に、東京から弾丸旅行してきた崖っぷちの男・ノボルと恋人・ノリコが、“聖なる渚”を駆け巡るブラックストーリー。

海外映画祭でのノミネートや受賞が相次ぎ高い評価を受ける本作において、ヒロイン・ノリコ役の武田梨奈さんも受賞ラッシュが続いています。インドのムンバイで開催された国際映画祭 シネマ・オブ・ザ・ワールド にて最優秀女優賞、アメリカのハリウッド・ヴァージ・フィルム・アワードにて最優秀助演女優賞を受賞するなど、公開を前にして高い評価が止まりません!

今回は武田さんに、毎熊克哉さん演じる主人公・ノボルに振り回されながらも、ノボルに尽くす健気なキャバ嬢・ノリコを演じる上でのポイント、本作の見所、そして女優としての意気込みなど、たっぷりとお話をしていただきました。

―――― 『祖谷物語 おくのひと』(蔦哲一朗監督)で女優・武田さんの素晴らしい演技に注目していました。そして本作では、空手家としての武田梨奈さんのイメージすら大きく変わった気がしています。武田さんとしてはこの作品にどのような位置づけで臨んだのでしょうか?

武田梨奈さん
元々、15分の短編映画の予定だったので、物語上は普通の映画よりも伝えられることが限られてしまいます。その中で、ノボルとノリコの二人がこの物語を通じていかに成長していくかをお芝居でどう見せていくのか、それが課題にありました。結果、長編になったので、普通の映画のように物語がゆっくりと進んでいく形にはなったんですけど、最初は短編ならではのそういう悩みはありました。

―――― なるほど、短編に対してどういう風に演じたらうまく伝わるかを意識されていたのですね。
ちなみに、神奈川県ご出身ということですが、神奈川も海に恵まれていますが、神奈川県民から見た島根県はいかがでしたか?

武田梨奈さん
雰囲気は“全然違うなぁ”と思いました。

神奈川県は限られているんですけど、都会の部分もあるので人が多いです。その中に田舎も残っているんですけど、美保関は都会の部分はありませんが、初めて訪れる人にも感じる懐かしさがそのままあり、何より伝統的なものがある町なのでそこに魅力を感じました。

―――― 出雲大社も近いです。縁結びのパワースポットで女性には人気のある所ですよね。

武田梨奈さん
そうですね、出雲は行けなかったのですが、美保神社は行かせていただきました。

―――― 神事・お祭りもありましたし、とても神がかっている地域なのかなと。毎熊さんにも同じ質問をさせていただきましたが、ロケの中で神がかり的なものを感じることはありましたか?

武田梨奈さん
その話をクランクアップの日に皆さんとしていたんですけど、青山(フォール勝ち)さんは美保神社で撮影祈願して、それ以降急激に仕事が増えたと仰っていました。凄く縁起がいい場所だって。

私も考えたんですけど、やっぱりこの映画自体が、作る前に想像していたものと大きく変化しました。短編が長編になり、その長編が東京でも映画館で公開されることになって、海外の映画祭にも呼んでいただけた。予想外のことが沢山あったので、やっぱり味方についてくれているのかなって。そういった意味では力を頂いてたのかもしれませんね。

―――― ストーリーとしても、この男女二人の憑き物が落ちたように感じます。そういう意味でも何かこの映画は運を引き寄せてくれる映画、観るとみんな幸せになれるようにも思います。

武田梨奈さん
本当にそういう映画になってくれたらいいなと思います!