坂本欣弘監督が地元富山県で描いた少女の成長物語!
映画『もみの家』
公開記念インタビュー

心に悩みを抱え不登校になってしまった16 歳の彩花(役:南沙良さん)が、若者たちの自立を支援する施設“もみの家”での出会いや経験をとおし、めぐる季節と共に成長していく等身大の姿が描かれる感動作、映画『もみの家』が3月20日(金・祝)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開中です。

『真白の恋』で鮮烈なデビューを果たした坂本欣弘(さかもと よしひろ)監督は、自身の生まれ育った富山を舞台に選び、雄大な自然と少女の心が共鳴する、瑞々しく温かな物語を紡ぎ出してくださいました。今回は、坂本監督に作品作りの経緯から制作の中で大切にしたこと、悩みを抱える少女を見事に演じた南沙良さんや本作が遺作となった女優・佐々木すみ江さんとの思い出など、本作をより深く堪能していただけるお話をたっぷりと披露していただきました!

―――― 本作では引きこもりがちな女の子が主人公になっていますが、なぜこのテーマを選ばれたのか教えてください。

坂本欣弘監督
基本、映画を作る時には題材から入るタイプではないのですが、次回作のことを考え始めた時に、僕は富山県出身なので地元が題材の本を探していました。たまたま手に取った本が乃南アサさんの「ドラマチック チルドレン」でした。その本は富山市に実在する自立支援施設を追った本で、全国から不登校の生徒が集まって、民間で運営をしています。その施設の取り組みが、彼らに早寝早起きをさせて、農作業を中心とした生活を送り、地域と触れ合いながら自立を目指していくというものでした。本の時代設定は1990年代で、赤髪のヤンキーとかシンナーとか登場するので、時代設定としてこれはちょっと(題材にするには)厳しいな、と感じました。施設に足を運び、現在の不登校・引きこもりの子と会ったり、施設を運営している方とお話をしたら「これは映画になるな」と。それで企画をスタートさせました。

―――― 前作に続き脚本家の北川亜矢子さんとタッグを組まれています。前回は知的障害を持つ方をテーマにされていますが、本作でお二人の意見が最も異なった部分、そして「ここだけは外せない」というポイントを教えてください。

坂本欣弘監督
それはこの映画で何を伝えたいか、その核の部分になります。

要するに、最後に彩花(役:南沙良さん)が学校へ行くのが正しいのか、正しくないのか。世の中にこれを問題提起として出した時に、どういう風に感じてもらうのがベストなのか。それについては常々、撮影中も話し合いながらやりました。お互いに納得できない部分があったりしつつ、学校へ行くのが正解かどうかに対してディスカッションをしました。それは北川さんとだけではなく、キャストにも委ねて「皆さん、どう思いますか?」と。

撮影をしていく上で、彩花の感情に寄り添ってもいいんじゃないかな、と。結局、学校へ行くことが良い事ではなく、何かを自分で決めるということが大事だという結論に至りました。つまり、学校に行かないという結論を出しても正解だった。そういう面も含めると、南沙良さん演じる彩花には実家に帰ってきて欲しいという親の気持ちもあるでしょうから、その辺りは母親役の渡辺真起子さんともディスカッションをしました。

多分正解は幾つも幾つもあって、正直、不登校・引きこもりを映画化するという時に、果たして「もみの家」に来ること自体が正解かどうかも論点になってきます。こういうこともある、こういう一歩もある、という複数の選択肢がある中で、最後を決めたのは僕とプロデューサーです。この映画が最後にどういう風に終わったら希望が見いだせるのか。北川さんとの相違をあえて挙げるならそういう部分だと思います。

―――― この映画を観ていて感じることは、ゆっくりと優しく、包み込むような感覚があります。一方で、人を育てる時には厳しさも必要だと思います。監督が考える、時には厳しい側面がこの映画の中にあるとすればどのシーンなのか、またそもそも厳しさが必要なのかどうかも含めて監督のお考えを教えてください。

坂本欣弘監督
恐らく、時には厳しくという面に関しては、不登校の子たちがあの場所で生活することは厳しいことでしかないと思います。コミュニケーションも出来なかったり、心に悩みを抱えていたり、何かのトラウマを抱えてここに来ている分、朝早く起きるのも苦痛、人とコミュニケーションを取るのも苦痛、全てが苦痛なところからのスタートのような気がします。それは実際に僕が施設に通っていて感じたことだったと思います。