映画『GEEK BEEF BEAT』
内田慈さん、山口まゆさん
母と娘役対談インタビュー【前編】

演劇界の異端児・鳥皮ささみさんの初監督作『GEEK BEEF BEAT』が3月21日(土)〜3月27日(金)に新宿K’s cinemaで1週間限定公開されます。

本作は、主演・音楽に孤高のポエトリー・ラッパーの狐火さんを起用し、狐火さんの書き下ろし曲満載で送る、ルーズでハートフルな家族の成長物語です。

今回は狐火さん演じる春男の妻・雪子役の内田慈(うちだ ちか)さんと娘・花役の山口まゆ(やまぐち まゆ)さんに本作についてたっぷりと語っていただきました。

―――― 監督の表現の仕方が素直といいますか、何気ない日常をコミカルな会話や表情で描かれていて、とても受け入れ易い作品だと思いました。まずは、母・雪子役の内田さんから見た、娘・花役を演じた明るい山口さんの印象を教えてください。

内田慈さん
実は、イン初日に台風が直撃していて現場に到着が出来るかどうかで。みんな各々県外から撮影地の宮城に入ったのですが、動いてない電車もあって、ヘトヘトになって行きました。行ってみたら到着出来ていないスタッフもいて、よく分からないけどホテルの一室で「とりあえず待っていてください」と言われました。そこで(山口さんは)全然動じないんです。“まあ、何とかなりますし、時は来ます”みたいな(笑)。私が逆に落ち着かせてもらって。

山口さんが出演されていて昨夏にオンエアされたNHKドラマ「マンゴーの樹の下で」が凄く面白い作品で、内容も撮影も絶対に大変だと思ったので、撮影の話を聞いていたら、やっぱり大変さがあって。色んな現場で修羅場をくぐりぬけている方だから、山口さんとならこの先何があっても大丈夫だって安心しました。

物静かな印象も最初は持ったのですが、芯の強さがあり、少女の笑顔と大人の笑顔を持ち合わせて、クルクル変化する感じが魅力的だなって思いました。

山口まゆさん
ありがとうございます(笑)。

撮影に入る前に2、3回本読みをキャスト全員でしました。その時の迫力が凄くて、さらに出演者全員のキャラクターが濃くて、そこからスタートだったので、「みなさんに負けないように頑張ろうね」ってマネージャーさんとも話していました。

本読みの時から、身を預けられる、心強いお母さん役としていつも居て下さったので、内田さんは私の心の支えでした。実際には不安なところもあって、少人数の現場だったので、どうしたらいいのかな?ということもありましたが、内田さんが引っ張って下さって、心強かったです。

―――― そして、お二人からみた父・春男を演じた狐火さんはどのような印象でしたか?

内田慈さん
狐火さんは年齢ごとに「〇歳のリアル」というタイトルで赤裸々な作品を書いていて、イン前に楽曲を聴きました。サラリーマンとの二足の草鞋で活動されているので、中には職場の上司への悪口と公言されているものもあり(笑)、全ての働く人の核心に迫るようなことを突いていて、言葉にする力とセンスがスゴイなって。自分の思っていることを人に押し付けるわけではなく、シンプルに一撃で面白く作品に出来る。同い年なので余計に刺さりました。また、宣材写真が薄い布を被った顔がよく分からないカッコイイ写真なんです。絶対に怖い!と思っていたんですけど、本読みに来た時の狐火さんの素朴さというか優しい感じにびっくりして。怖くないし、春男君を演じる狐火さんが想像出来て、そこでこの座組は強いなって思いました。

現場に入ると鳥皮監督や森田ガンツさんがテンパっているというか、色々大変でグチャグチャしていることが多くて(笑)。そんな時に、普段は大人しい方なのですが、狐火さんが冷静にどしんと居てくださったから、スムーズに回っていったことが多かったと思います。

―――― 面白いエピソードが沢山ありそうですね(笑)

山口まゆさん
いっぱいありますよ。森田ガンツさんがメチャメチャ面白いです(笑)。
皆さんのキャラクターの良いところが出ているというか、無理に出している感じがなくて、狐火さんもそのままというか、私もはしゃいでいる時はあんな感じなので、割と自分の素が役に反映出来たかなと思いました。

内田慈さん
前半が家族のシーンで、後半が工場のシーンという撮影の順番だったのですが、家族のシーンでは(工場の)出演者の森田ガンツさんが助監督兼制作部をすべてやってくださっていたんです。とにかくスタッフが少なかったので、雨が降ってきて車のガラスが濡れたら拭いてくれたり、劇用の色んなパターンの朝食を用意して、食材が足りなければガンツさんが調達してきてくださったり。本当に優しい方で、皆のためにと異常に行動が早くて、すぐに買ってきてくれるそのスピード感がもはや可笑しかったです。まだ使うかもしれないけど、とりあえず撮影をして今のカットはOKとなったら、すぐ食べちゃって。それに対して、鳥皮監督が「食べないでくださいよ!」って怒ったり(笑)。そんなやり取りで鳥皮さんと森田ガンツさんの関係も掴めましたし、座組の雰囲気も出来ていきました。

―――― 劇中、雪子の髪の毛がドンドン爆発していくようなシーンもありましたが、あれは監督の演出ですか?

内田慈さん
はい、脚本のト書きに書かれていて、そういう所は物凄くハッキリされています。ハッキリとこういう風に見せたい、こういう風に表現したいというのが監督の頭の中にあるんです。それを具体的にどうする?みたいな部分は現場に入ってから…みたいなところもあって、それを補っていたのが森田ガンツさん。

実は髪の毛は私が自分でやる可能性もあり、家から大きな針金を持参して試したりしていて、撮影に入っても美容師さんが中々決まらなくて、結果的に美容師さんが入ってくれた時は安心しました。正直それに関しては「私が全部自分で作るなら不安だぞ!」って思っていました(笑)。

―――― 山口さんは中学生役でしたが、確かに中学生に見えました。何か意識されたポイントはあったのでしょうか?

山口まゆさん
気持ちのはけ口というか、若いからこそ(感情を)出してしまうみたいな所が中学生にはあるじゃないですか。反抗的なところが。それを分かり易くすること、プラス自分も比較的反抗期が激しい方だったので思い出しながら演じました。

怒ってオルゴールを投げつけるシーンがあるのですが、鳥皮監督はやりたいことが決まっている方なので、何十テイクも撮りました。段々私も疲労がたまっていって、「そんなに出来ないです」みたいなことを伝えて、監督は「まあ、でも一応やってください」みたいな感じで(笑)。最後はもうダメだと思って、自分の気持ちもグチャグチャしてきてしまって泣いちゃったんです。「もう、分かんない、分かんない…」ってバーッと泣いちゃったら、OKが出て、本編にもあれが使われていた…みたいな。

ちょっとイメージの違いがあってそんな撮影にはなりましたが、結果的にはそれが凄く良くて、自分の気持ちを掘り下げて掘り下げて、良い意味でグチャグチャにしてくれて出たものでした。あまり映像のお仕事でリテイクを重ねることはないので、良い経験になりました。お互いにピリピリしちゃって(笑)。疲れすぎちゃって、“もぉー!”みたいな。でも、それが良いシーンになっていて良かったです。

―――― 確かに花の突然の涙には驚きもあって、とても印象に残っています。

山口まゆさん
反抗している時って親には勝てないじゃないですか。それがある種自分の中でも悔しくて、泣きながら怒鳴り散らすみたいなことは自分も中学生1年生の時に経験していて。だから、それもリアルで良かったかなと思います。

―――― 反抗期が激しかったようには全然見えないです。

山口まゆさん
大暴れしていました(笑)。

内田慈さん
眼鏡をかけるシーンがありましたけど、あれはどういう演出だったんですか?

山口まゆさん
「とりあえずやってみて」と言われ、ずっとカットをかけてもらえませんでした(笑)。

内田慈さん
得意気になっていくのも、まゆちゃんが?

山口まゆさん
はい、全部自分で(笑)

内田慈さん
そうなんですか!(笑)

山口まゆさん
眼鏡で遊んでみてって言われて、結構長く3分くらい(カメラを)回していました。

内田慈さん
馬鹿だなーって感じがして、可愛かった(笑)。