映画『GEEK BEEF BEAT』
内田慈さん&山口まゆさん
母と娘役対談インタビュー【後編】

映画『GEEK BEEF BEAT』が本日3月21日(土)から新宿K’s cinemaで1週間限定公開です。

インタビュー前編では楽しい撮影エピソードを披露してくださった雪子役の内田慈(うちだ ちか)さん、娘・花役の山口まゆ(やまぐち まゆ)さん。(前編はこちら)

後編では、本作の特徴でもあるラップや俳優の斎藤工さんも「斬新で愛あるエンドロール」と称賛しているエンドロールについて、さらに内田さんと山口さんのプライベートもお話いただきました!

―――― もし現実に蒼波純さんが演じているような担任の先生(斉藤静香)がいたら・・・生徒としてはどう思うのでしょうね?

山口まゆさん
あの先生の態度が、地でやっているのか、作って演じているのかが描かれていないので、、、本当にあんな先生がいたと考えると、えー?どう?どうなんでしょう?
生徒のみんなも面白がっちゃうんじゃないですかね、「またやってるよ」とか。というか、それをいいことに悪いことを企みそうですね、みんな(笑)。

実は、本読みの時に蒼波さんがいらっしゃらなくて、鳥皮監督が担任の先生役をやっていて、それをずっと聞いていたんですね(笑)。それが、蒼波さんが可愛いらしい感じで演じてたのとまたちょっと違って、なんかすごい嫌な先生だったんですよね(笑)。

内田慈さん
うん(笑)

山口まゆさん
「あ、ハイ⤵ あぁ〜、ハイ⤵」みたいに、もうちょっと違う感じだったんですけど(笑)、そのイメージが凄くついてたので。当日は“スゴイ可愛いらしい!”と思って。可愛いらしいから(生徒からは)人気な感じなんじゃないでしょうか、悪気はない人というか。

内田慈さん
ほんとにそうだったね、蒼波さん。
それこそ鳥皮さんの時は、何回も「スミマセン!」を食い気味に話すことによって、何かちょっと苛立ちを表現しているのかなとか思っていたんですけど、蒼波さんの場合は“ほんとに分かんないのかな?”って感じがして。
それを私も真似してやろうとしたら、多分何かの意思が入っちゃうので、真似できないんですよ。
蒼波さんにしか。でも、そういう人(先生)いるよな、って思わせてくれるところがすごいなと思いました。

山口まゆさん
(親と先生との交渉が)あんまりうまく行く感じがしなかった。しかも、取り敢えず、もう一人の(蒼波さんの)隣にいた先生がグチャグチャにしてるだけ(笑)。

内田慈さん
植田祥平さんが演じた学年主任(北野圭吾)ね。

―――― 笑いを誘う先生たちとの演技にしても、皆さんの繊細な心の動きを感じます。
ところで、個人的には本作で初めてラップを身近に感じることが出来ました。ラップについては?

内田慈さん
(狐火さんと山口さんが)ラップのシーンを撮って戻って来て、開口一番、狐火さんが言ったのは「山口さん、ラップ上手いよ!」って(笑)

―――― あのシーンはアドリブだったんですか?

内田慈さん
あのシーンも色々変更があって。あの日撮るはずじゃなかったか、あの日にしてももっと後だったのに、急にそこで撮ることになって“鳥皮さんが撮りたい”って(笑)

“まだ覚えてない”とか色々あったんですけど、それだったら取りあえず逆に手作り感を出して「カンペ見ながらやる空気感の方が近いかもしれないから、ちょっとやってみて」みたいな結構、急な無茶ぶりっぽかったんです(笑)。

―――― お父さんとの和解、そして急にラップの世界に目覚めた娘=花(ハナ)のように観てたんですけど、いい感じで裏切られました(笑)。

内田慈さん
(ラップのシーンは)楽しかった?

山口まゆさん
楽しかったです。

キャラクター的には花(ハナ)の延長でいってて、でも言ってることは映画のキャストやスタッフのことなのでちょっと曖昧なんですけど、でもなんか普通に楽しんでました(笑)。

なんか、“はっちゃけちゃってください”とか、結構遠くから撮ってるんで“大きく動いてください”みたいに言われて、訳も分からずに、観客は誰も居ないのに手を振ったり、投げキスしたりとか(笑)楽しかったですね。

―――― 内田さんはちょっと恥ずかしそうにされてましたが?(笑)

内田慈さん
あれも、あの場で急遽そうやってくれって演出があって、(ラップを)やり始めるんだけど出来ないみたいな、そこに二人(狐火さん&まゆさん)が入って来るっていう流れを説明されて。

私、結構ノリがいいので、出来ないくせにやり続けるハートの強さは持ち合わせているのでもうちょっとやりたい気持ちもあったのですが(笑)

―――― もろ演技だってこともないような感じを受けました。

内田慈さん
もちろんです。こんなこと言ってますが、遠くで見ていて、二人でやってて楽しそうであそこに行くのコワイって思ってました(笑)。いざ田んぼに立ったらめちゃ恥ずかしくて、そのままやりました。どういう風に仕上がるのか、何となくの説明だけで良く分からなかったんですけど、もはやそれは撮影3日目か4日目で信頼関係が出来ていたので、鳥皮さんが言うんだったら面白くなるんでしょ?みたいな気持ちで、「もう、やります!」って感じです(笑)。

―――― ああいったキャスト・スタッフ陣の紹介の仕方ってあるんだなと新鮮に感じました。

内田慈さん
なんか、エンドロールの作り方も、数日後に(雪子が)朝食を作ってるパターンとかを、ピクサー方式とか言ってたよね(まゆちゃん)?

ピクサーの『モンスターズ・インク』なんかでは最後にNG集とかがありますよね?あれを鳥皮監督の中では「ピクサー方式で行く!」みたいに言ってて。独特のワードの使い方があるみたい(笑)。

―――― この作品を通してラップへの認識は変わりましたか?

内田慈さん
この撮影が終了してから、狐火さんのライブに行ったりとかしてて、今まではラップは自分と全然縁遠いものだと思っていたんですけど、狐火さんのラップに出会ってから、“使う枠”は違うけれども、違いは枠組みだけなのかなみたいな気がして、今はラップに対しての意識が全然変わりました。