白石和彌監督、「牝猫たち」のロッテルダム国際映画祭正式招待に「恩返しできたかな」

白石和彌監督、「牝猫たち」のロッテルダム国際映画祭正式招待に「恩返しできたかな」

 成人映画レーベル「日活ロマンポルノ」45周年を記念した“リブート・プロジェクト”の1作「牝猫たち」が1月14日、東京・新宿武蔵野館で公開初日を迎え、メガホンをとった白石和彌監督のほか、出演者の井端珠里、真上さつき、美知枝、郭智博が舞台挨拶に立った。

 本プロジェクトは「日本で一番悪い奴ら」の白石監督のほか、塩田明彦、園子温、中田秀夫、行定勲がメガホンをとり、オリジナルの新作を製作。「牝猫たち」は、ワーキングプアの雅子(井端)をはじめ、それぞれの悩みを抱える3人の風俗嬢が東京・池袋の街をさまよいながら、そして何かにすがりながら生きていく姿を描く。池袋を舞台にしたことについて「昔所沢に住んでいたことに加えて、初めて風俗に行った場所だから」と笑いながら語っていた白石監督。「『凶悪』の撮影時に、この企画の話をもらいました。ただ、様々な巨匠による傑作がたくさんあるので『自分がつくっていいのだろうか』と悩みましたね」と明かしていた。

 「元々ロマンポルノ、そして白石監督のファン」の井端は、オーディション合格時には「思わず小躍りしましたね」という。故若松孝二監督の「17歳の風景 少年は何を見たのか」(2005)の撮影現場で、白石監督と出会っていたことについて「実は覚えていないんです(笑)。でも運命を感じました。初めてのオーディションお会いした時、恋に落ちた時と似たような感覚を抱きましたね」と告白した。

 一方、真上は同プロジェクトの行定勲監督作「ジムノペディに乱れる」のオーディションに落ちていたことを暴露。「(劇中で演じている)役のオーディションを受けてみないかと勧められたんです。まさか受かるとは思わなかった。ありがとうございます。行定さん!」と謝意を示した。

 「撮影直前に台本がちょこちょこ変わっていて」と振り返る美知枝は、「変更時に不妊というキーワードが加わっていたんです。実は“不妊症”というテーマを盛り込みながら役づくりをしていたので、新しい台本をもらった時に『奇跡だ!』と感じました」と興奮気味。対照的に静かな口調で話していた郭は、友人・生田斗真とのエピソードを披露。「今回、初めて前張りをしたんです。そこで何度も経験している生田斗真にアドバイスを求めたら、たった一言『全剃り』と言われました」と発言し、観客の笑いを誘っていた。

 また、この日は「牝猫たち」が第46回ロッテルダム国際映画祭ディープフォーカス部門に正式招待を受けたことが発表された。さらに、本作でオマージュが捧げられている田中登監督作「牝猫たちの夜」が併映されることもわかり、白石監督は「ちょっと恩返しできた感じがありますね。嬉しいです」と万感の思いを口にしていた。

関連記事

映画.comの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索