青木玄徳、観客の強張った表情に手応え十分!「新しい『闇金ドッグス』です」

青木玄徳、観客の強張った表情に手応え十分!「新しい『闇金ドッグス』です」

 闇金を題材とした人気シリーズの第5弾「闇金ドッグス5」が1月14日、全国2スクリーンで封切られ、主演の青木玄徳のほか、山田裕貴、荒木宏文、菅原大吉、副島淳、元木隆史監督が都内での舞台挨拶に出席した。青木が開口一番「内容が内容だけに…どうでした?」と呼びかけたが、観客はヘビーな物語に戸惑いの表情。その反応に満足げな青木は、「役者冥利につきます。新しい『闇金ドッグス』が出来ました」と語っていた。

 「闇金ドッグス」シリーズは、闇金業者「ラストファイナンス」の社長・安藤忠臣(山田)、元ホストの従業員・須藤司(青木)ら、裏社会で生きる人間たちの生きざまを描いている。第5弾となる今作は、パート3の主人公・須藤を演じた青木が再び主演。街金から金をだまし取るため、戸籍上での結婚と離婚を繰り返していた須藤が金銭トラブルに見舞われる。編集作業にあたり「何回も見るのは辛かった」という元木監督。上映後、静まりかえる観客を前にし「ある意味、皆さんがシーンとしていただいているのが嬉しいです」と自信をみなぎらせた。

 「実際にあった事件がモチーフ」と明かした山田は、「『闇金ドッグス』シリーズで社会派とされるテイストをやりたいと思っていたんです。現実にあることを知ってもらえましたし、本作はその点がすごく前面に出ていた」と喜びの声。一方、NPO法人で貧困ビジネスを営む五条を演じた荒木は、自身の役を“悪の存在”と意識せず撮影に臨んだとして「悪ぶれることなく五条としての正義を貫き通せた」と告白。だが「傍から見たら悪魔ですけどね」という意見も出ると、青木は「悪魔だらけ」の作品になったと振り返っていた。

 須藤たちから凄惨な拷問を受ける役どころに扮した菅原は、青木らを見て「3人を見ると怖い。今日も何かされるんじゃないか」と冗談交じりに発言。また、菅原が登場するラストシーンに話題が及ぶと「スタッフは泣きながら撮影していた」というエピソードが披露された。演じた感想を問われた菅原は「台本を読んだ時点で泣いてましたからね」と振り返り、社会の暗部に切り込んだ本作に出演できたことに感謝した。

 時折重苦しい空気も流れる中、米国人と日本人のハーフである副島が口を開くと、その“愛されキャラ”も高じて、会場は何度も笑いに包まれた。英語を話すキャラクターにも関わらず「実際は全く喋れない」と発言すると、「台本全部カタカナでしたね」とツッコまれ、青木たちは個性的なアフロヘアをいじりまくり。大爆笑の観客を見た青木は「(雰囲気が)軽やかな感じになってよかったー!」と安堵の表情を浮かべていた。

ニュースをもっと見る

関連記事

映画.comの他の記事もみる

エンタメの主要なニュース

エンタメのニュース一覧へ

20時33分更新

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索