ジョン・ラセターがディズニー新作ラインナップを発表!人気作の続編ずらり

ジョン・ラセターがディズニー新作ラインナップを発表!人気作の続編ずらり

 ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (社長ポール・キャンドランド)は3月21日、来日中のジョン・ラセター(ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ/ピクサー・アニメーション・スタジオのチーフ・クリエイティブオフィサー)を迎えて、都内で新作ラインナップのプレゼンテーションを行った。

 この日、ラセター氏が言及したのは、ディズニー・アニメーション・スタジオの新作となる「シュガー・ラッシュ」の続編、「アナと雪の女王2(仮題)」「GIGANTIC(原題)」「Olaf's Frozen Adventure(原題)」、ピクサー・アニメーション・スタジオの新作「カーズ クロスロード」「Mr.インクレディブル2(仮題)」「COCO(原題)」「トイ・ストーリー4(仮題)」の計8作品。人気作品の続編が多く、初公開の映像を交えてストーリーの一端や製作状況を明かした。

 現在製作中だという、「アナと雪の女王2(仮題)」。ラセター氏は「前作と同じスタッフ、共同監督のクリス・バック、ジェニファー・リー、プロデューサーはピーター・デル・ベッチョで、製作を続けているところです」と話す。「アナ雪」といえば、「レット・イット・ゴー 」を筆頭に名曲の数々を生み出したことでもおなじみだが、楽曲製作スタッフも前作と同じ顔ぶれが参加しているという。また、合わせて語られた「アナ雪」の短編作品「Olaf's Frozen Adventure(原題)」の新情報は、後日正式発表される。

 「シュガー・ラッシュ」続編は、インターネットの世界が新たな舞台になる。ラセター氏は「Wi-Fiのルーターの電源を差し込むことで、インターネットの世界に入り、(前作に登場した少女)ヴァネロペがいろんなキャラクターに出会います」と説明した。なおタイトルは未定。ラセター氏が「私も楽しみにしている」と言うのが「GIGANTIC(原題)」。「大好きなおとぎ話『ジャックと豆の木』を基にした作品。作業を進めております。ミュージカルとなっておりまして、2018年秋に公開予定です」と報告した。

 真っ赤なスポーツカーのマックィーンの姿を描く人気シリーズ「カーズ」の第3作「カーズ クロスロード」は、ストーリーの全貌や新キャラクターの詳細が発表された。今作はマックィーンが引退の危機に直面するが、そのきっかけとなるのが次世代レーサーのジャクソン・ストームという強敵の出現だ。新たなライバルとの闘いの果て、クラッシュ事故にあったマックィーンを支える新キャラクターがクルース。仲間の力を借りて、「キャリア最大のカムバック」を目指すマックィーンの姿を通して「自分を信じること、そういったことが込められています」と、ラセター氏は熱弁した。

 「COCO(原題)」は、音楽と家族が大好きな12歳の少年ミゲルが主人公。家族に反対されながらも、ミュージシャンになることを夢見るミゲルが、大好きなアーティストの墓地を訪れたことをきっかけに、死者が見えるようになってしまう。「メキシコを舞台に家族の絆、先祖へのリスペクトといった、普遍的なテーマを探索する作品」「壮大なスケールのアドベンチャー。音楽への祝福、ユーモア、家族の大切さも詰まっている」(ラセター氏)。

 このほか「トイ・ストーリー4」に対しては、「準備中。製作チームが励んでいます。皆さんに共有できることを楽しみにしています」とアピール。「Mr.インクレディブル2(仮題)」の内容は、「以前よりも大きな脅威に直面する」と語るにとどめた。

関連記事

映画.comの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索