スタープラチナのオラオララッシュ!エコーズのジタバタ!「ジョジョ」新映像披露

スタープラチナのオラオララッシュ!エコーズのジタバタ!「ジョジョ」新映像披露

 山崎賢人主演、三池崇史監督のメガホンで荒木飛呂彦氏による人気漫画を実写映画化した「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」(公開中)の新映像が、このほど披露された。原作シリーズ屈指の人気キャラ・空条承太郎(伊勢谷友介)のスタンド“スタープラチナ”のラッシュがさく裂する模様と、広瀬康一(神木隆之介)の“エコーズ”がコミカルな動きを見せる様子を収めている。

 「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの日本が舞台の第4部「ダイヤモンドは砕けない」を初めて実写映画化。高校生の東方仗助(山崎)が、杜王町の平穏を脅かすアンジェロ(山田孝之)や、弓と矢を使い暗躍する虹村形兆&億泰(岡田将生&新田真剣佑)らと、スタンドを駆使した死闘を繰り広げるさまを描いた。

 映像では、仗助との出会いをきっかけに奇妙な事件に巻き込まれる気弱な康一が、スタンド能力に目覚めていくさまをとらえている。敵のスタンド攻撃を受け窮地に陥ったとき、康一の目の前に緑の斑点模様の卵が現れ、2本の腕がその殻を突き破る。

 別のシーンでは、承太郎がスタープラチナの時を止める能力「スタープラチナ・ザ・ワールド」を発動。アンジェロが操る“アクア・ネックレス”に対し、「オラオラオラオラオラオラオラ!」と強烈なパンチを叩き込んでいく。そして映像の最後は、卵から現れた康一のエコーズが、仰向けで腕を振り回しジタバタする姿で締めくくられている。

 また今作は、スイスで開催された第17回ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭のインターナショナル・コンペティション部門に出品され、投票で選ばれる観客賞(RTS Audience Award)を受賞。7月26日に行われたジャパンプレミアイベントでは、原作者の荒木氏が「完成度の高さは、皆さんの予想を超えてきます」と太鼓判を押した。

関連記事

映画.comの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索