顔の美醜が認識できない未来社会…「メッセージ」原作者&脚本家が再タッグ

顔の美醜が認識できない未来社会…「メッセージ」原作者&脚本家が再タッグ

 ドゥニ・ビルヌーブ監督、エイミー・アダムス主演のSF映画「メッセージ」の原作者テッド・チャン氏と、脚本家エリック・ハイセラーのコンビが新作テレビドラマを準備していることがわかった。

 米Deadlineによれば、大ヒットドラマ「ウォーキング・デッド」の全米放送を手がけるAMCが現在、「Liking What You See(原題)」という新番組の企画開発を行っているという。チャン氏の短編小説「顔の美醜について――ドキュメンタリー」のテレビドラマ化で、「メッセージ」の脚色を手がけたハイセラーが企画・制作総指揮を手がける。

 原作は、容姿に対する差別をなくすため、顔の美醜を認識する脳の働きを抑止できるようになった未来社会をドキュメンタリータッチで描く作品。キャストは未定だが、同局は2018年以降の放送開始を目指しているという。ちなみに「メッセージ」は、チャン氏の短編小説「あなたの人生の物語」の映画化で、ハイセラーは第89回アカデミー賞脚色賞にノミネートされた。

関連記事

映画.comの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索