三浦透子&井之脇海主演「月子」 2人の絆感じさせる予告編完成

三浦透子&井之脇海主演「月子」 2人の絆感じさせる予告編完成

 三浦透子と井之脇海がダブル主演する越川道夫監督作「月子」の予告が完成した。他者にはわからない、2人だけの絆を感じさせる内容となっている。

 父を亡くし、ひとりになった青年・タイチ(井之脇)は、家に帰ろうと施設から逃げ出してきた知的障がいを持つ少女・月子(三浦)と出会う。月子を連れ戻そうとする人々を振り切り、家に送り届けようとするが、場所の手掛かりは「海の音の聞こえる場所」ということだけ。タイチと月子は“鳥の声”に導かれるように、2人だけで旅を始める。越川監督が、「永い言い訳」「誰も知らない」などの撮影を担当した名カメラマン・山崎裕とタッグを組み、10人以下のスタッフでつくり上げた。

 山崎は、「これぞロードムービーという撮影だった」といい、「知的障がいの女性“月子”という難しい役に三浦透子は真っ直ぐに“身体”で向き合っていた。月子に引きずられ、受け止め、見守り続ける“タイチ”を、井之脇海も独自の存在感を出して対応していた。彼らに寄り添い、彼らを引き受けて、カメラを回したつもりだ。最低限のスタッフと限られた撮影日数、しかし、充実した、自由な時間がそこにはあった。“映画”はあらゆる意味で“自由なもの”だ!」と振り返っている。

 このほど公開された予告編は、荒んだ生活を送っていた父親が自殺したことで、父親を殺したと疑われるタイチの様子から始まる。仕事も生きる場所も失ったタイチは、家に帰りたがる月子に出会い協力するが、月子を追って来た人々から「1度も面会に来ていない親が受け入れるわけないでしょう」と怒鳴られてしまう。それでも、泣き叫んだり、急に歩くことを拒否したりする月子を連れて歩みを進め、海にたどり着く。

 「月子」は、8月26日から東京・新宿K's cinemaほか全国で順次公開。


関連記事

映画.comの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索