“悪の親玉”ケビン・スペイシーの怪演!「ベイビー・ドライバー」特別映像公開

“悪の親玉”ケビン・スペイシーの怪演!「ベイビー・ドライバー」特別映像公開

 「ショーン・オブ・ザ・デッド」で知られるエドガー・ライト監督の最新作「ベイビー・ドライバー」の特別映像が、公開された。主人公を従わせるボス、ドク役を怪演したオスカー俳優ケビン・スペイシーに焦点を当てている。

 事故の後遺症で耳鳴りに悩まされているが、音楽に身をゆだねて外界から遮断されると、天才的な運転技術を発揮する「逃がし屋」の青年ベイビー(アンセル・エルゴート)が、“最後の仕事”として無謀な強盗に手を貸すさまが描かれる。スペイシーのほか、「シンデレラ」のリリー・ジェームズ、「ジャンゴ 繋がれざる者」のジェイミー・フォックス、「エンジェル ウォーズ」のジョン・ハムらが出演する。米映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では95%(8月9日時点)と、圧倒的な支持を集めている。

 映像は、強盗団にドクが計画のあらましを説明するシーンから始まる。「とんでもなく大胆に、図々しく破廉恥(はれんち)にやろう。話のタネになる」と目をらんらんと輝かせてぶち上げるさまや「お前がノーと言えば足を骨折したり愛する人が死ぬ」とベイビーを恫喝(どうかつ)する姿が描かれ、「セブン」「ユージュアル・サスペクツ」「アメリカン・ビューティー」など数多くの作品で存在感を発揮してきたスペイシーの卓越した演技力を再確認できる内容となっている。

 スペイシーは「ドクは理性ある男だ。部下には完璧を求め徹底的にやらせる。部下は全員イカれてる。反社会的な異常者ばかり。そんな彼らを逃がすのがベイビーだ」と語っている。

 「ベイビー・ドライバー」は、8月19日から全国公開。

関連記事

映画.comの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索