ダニエル・クレイグ、ジェームズ・ボンド役続投を明言!一方で卒業宣言も

ダニエル・クレイグ、ジェームズ・ボンド役続投を明言!一方で卒業宣言も

 「007」シリーズ最新作「ボンド25(仮題)」の全米公開日が発表され、去就が注目されていた6代目ジェームズ・ボンドことダニエル・クレイグが、ボンド役続投を自身の口から正式に発表した。米ハリウッド・レポーターなどが報じている。

 クレイグは8月15日(現地時間)、米人気トーク番組「レイト・ナイト・ウィズ・スティーブン・コルベア」に出演し、司会を務めるコルベアから続投するか問われると、「イエス」と明言。同日朝、ボストンのラジオ番組「Morning Magic 106.7」に出演した際には、「まだ正式に何も決まっていない。製作側が早く準備に入りたくて焦っているのも承知だし、やりたい気持ちはあるけど、腹を決めかねている」とお茶を濁していた。しかしコルベアの前で、「実をいうと2カ月ほど前にはすでに決まっていたんだ。今日インタビューした他の人たちには申し訳ないけど、君に最初に伝えたくてね」と笑顔で明かし、コルベアを喜ばせた。

 「007 カジノ・ロワイヤル」(06)から「007 スペクター」(15)まで4作にわたり世界一有名な英国諜報員を演じてきたクレイグは、「最高潮のうちに退くことで、有終の美を飾りたい」と理由を述べた上で、本作を最後にボンド役から卒業する意向も表明した。

 仮題通りシリーズ25作目となる本作は、サバイバルスリラー「ベルファスト71」のヤン・ドマジュ監督が筆頭候補に挙がっているものの、誰がメガホンをとるのかは未定。また、前作「007 スペクター」で米ソニー・ピクチャーズの配給権が失効したため、メジャースタジオ5社が争奪戦を繰り広げており、配給元も未定のままだ。

 「ボンド25(仮題)」は、2019年11月8日に全米公開。

関連記事

映画.comの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索