「わさび」外山監督に、佐々部監督がエール 「“何のために映画を撮るか”は高倉健からの宿題」

「わさび」外山監督に、佐々部監督がエール 「“何のために映画を撮るか”は高倉健からの宿題」

 東京・渋谷のユーロスペースで上映中の「映画監督 外山文治短編作品集」で、9月7日、升毅主演の最新作「八重子のハミング」がヒット中の佐々部清監督を迎えてのトークイベントが行われた。

 同特集上映は芳根京子主演の「わさび」、吉行和子主演の「春なれや」、老々介護をテーマにした「此の岸のこと」を集めたもの。外山監督が自ら製作し、宣伝、配給まで手がけ、連日のようにゲストを招いてのトークイベントを開催している。外山監督が、かねてからファンだった佐々部監督にDVDと手紙を送ったところ、佐々部監督が応援に駆けつけることになった。

 佐々部監督は、認知症と老々介護をテーマにした「八重子のハミング」を自主製作。ロケ先でもある地元の山口県内では劇場のブッキングも自ら行い、当初の目標だった全国30館を大きく上回る88館でスマッシュヒット中。佐々部監督は「どの映画会社に持っていても、『ヒットしない』と言われ、自分でお金を集めて、やったら、そこそこヒットしたので、ざまあみろと思っている」と笑い。

 外山監督は「先輩が汗を流して、映画を作っていることは、とても励みになりますし、自分を鼓舞する材料として、心の支えになりました」と感謝。佐々部監督はコメントを寄せたり、ネット上でも応援を続けていたが、面識は一切なく、この日が初対面となった。

 「想いを形に。想いを映画に。」と題して、外山監督が佐々部監督に質問を投げかける形で進行。佐々部監督は「僕は26歳の時から助監督をやっていて、最後に助監督した2作品が高倉健さんの『鉄道員(ぽっぽや)』『ホタル』。『ホタル』の録音で健さんと2人きりになった時に、『佐々部ちゃん、映画って、何を撮るか、ではなくて、何のために撮るか、なんだよね』とおっしゃったので、『どういう意味ですか?』と聞いた。『ホタル』は2000年に撮影して、2001年公開なのですが、『世紀をまたぐ時に、あの愚かな戦争を繰り返してはいけない。それを伝えるために、映画を作った』とおっしゃった。その言葉がすごく響いて、なんのために作るのかを考えるようになった。高倉健さんからの宿題のようになってしまった」と明かした。

 佐々部監督は代表作「ツレがうつになりまして。」のいきさつに触れ、「いとこ、高校時代の友人がうつ病で自殺してしまったことがきっかけ。僕の周りだけでも、そんなにいるならうつ病で悩んでいる人にエールを贈る作品を作りたい、と思った。『八重子のハミング』も10年くらい前に脚本を書いて、4年くらい映画会社を回ったが、結局ダメで、3年前から自分でやり始めた。老々介護の年齢が年々、あがっていく中、僕の母も認知症が始まった。こういう現実をちゃんと考えてもらわなければ、と思ったから」と話した。

 外山監督が「『燦燦―さんさん―』でデビュー後に、仕事の依頼もいただいたが、なんのために映画を撮るのか悩んでしまった。結局、映画が撮りたいではなく、撮りたい映画があるから、撮るんだと気づいたんです」と打ち明けると、佐々部監督は「きれいなことを言ったけども、生活のため、ということが一番にありますよ。撮り続けないと家族を養えないからね」と本音もチラリ。

 オリジナル作品にこだわる外山監督が「映画会社が求めている企画と、自分がやりたいことの差について、どのように受け止めていますか?」と聞くと、「東宝以外は、一社で映画を撮る体力がない。だから、製作委員会方式にして、いろんなところからお金を集めてやっている。体力がなくなった分、ヒットしないと、怖くてやれない。だから、一番浸透しているのは、少女漫画原作。若いイケメンと女の子をシャッフルしながら、壁ドンとかやっている。でも、役者は20代半ばくらいで、瑞々しくない。『半落ち』では、オッサンたちが机をはさんで、ボソボソやっている映画が当たるわけないと言われましたけども、プロデューサーは辞表をポケットにいれていた。そういう覚悟を決められる人が少なくなっている」と問題点を指摘した。

 短編3作品の中では、飛騨高山を舞台に、心の病によって働けなくなった父親に代わって、寿司店の跡を継ごうとする女子高生の姿を描く「わさび」が特に気に入っているという佐々部監督。「ヒロイン(芳根京子)が瑞々しい上、セリフを言わされている感じがしない。30分あっという間にすぎてしまう」といい、外山監督には「原作モノもやったほうがいい。オリジナルでも、原作モノでも、正々堂々とした映画が撮れる監督さんだと思う。僕も、若い頃は原作モノを断ってきたが、撮っていれば、ローンも終わっていた(笑)」とユーモアたっぷりにエールを送った。

 「映画監督 外山文治短編作品集」は9月15日まで。「わさび」のほかに、老々介護をテーマにした「此の岸のこと」、熊本県菊池市を舞台に、ソメイヨシノをめぐる老女と青年の交流を描く、吉行和子、村上虹郎出演の「春なれや」を上映している。

関連記事

映画.comの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索