「猿の惑星:聖戦記」吹き替え・柳沢慎吾、“猿演技”を芦田愛菜に伝授!

「猿の惑星:聖戦記」吹き替え・柳沢慎吾、“猿演技”を芦田愛菜に伝授!

 1968年公開の名作「猿の惑星」につながる物語を描く世界的ヒットシリーズの最終章「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」の公開直前イベントが10月12日、都内で行われ、日本語吹き替え版で声優を務めた柳沢慎吾に加え、女優の芦田愛菜が参加した。

 本作で、シーザーと行動を共にするお調子者のチンパンジー、バッド・エイプを演じた柳沢は「バッド・エイプは、シーザーに出会ったことで仲間を大事にしていく。愛されるキャラクターを演じられて感謝しています。手前しょう油……手前みそですが、自信が確信に変わりました。初めて自分をほめたいと思います」とジョーク交じりに吹き替えの手ごたえを語る。とはいえ、アフレコではチンパンジーのように歯を見せた状態で演技するのに苦労したそうで、演じ方を芦田に伝授。芦田が反応のよさを見せると「俺よりうまい!」と笑顔を見せた。

 シリーズのファンという芦田は、過去作のスライドショーを見ながら「シーザーは人間と共存したかったけど、仲間をとるか人間をとるかの葛藤が印象的でした」「後には戻れないと悟ったときのシーザーの表情がりりしく、格好よかった」と作品ごとの感想を述べる。さらに、「前2作ではシーザーのカリスマ性や人間への温情が強く描かれていたけど、本作では人間に復しゅう心を持ってしまう。でも、(人間の少女)ノバに出会うことで気持ちが変動していく。ノバは本作のキーパーソンなんです」と解説した。

 トーク力を見せつけた芦田に、柳沢は「しっかりしているね。大したもんだよ。素晴らしい! 俺なら絶対に言えないよ。台本もないのに」と脱帽。自身は矢沢永吉のモノマネや、イベント終了後も報道陣の前に出てきて爆笑トークを繰り広げるなど、サービス精神をフルに発揮していた。

 「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」は、「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」「猿の惑星:新世紀(ライジング)」に続く3部作の完結編。舞台は、前作から2年後。シリーズ第1作「猿の惑星」につながる、猿と人類の最後の戦いが描かれる。ベン・アフレック主演の「バットマン」の単独映画も決まっているマット・リーブス監督が手がけ、「グランド・イリュージョン」シリーズのウッディ・ハレルソンが、シーザーの家族を殺害する残忍な大佐に扮する。

関連記事

映画.comの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索