武田梨奈、4年連続の“一日警察署長” 2017年振り返り「人生で初めて、余裕ができました」

武田梨奈、4年連続の“一日警察署長” 2017年振り返り「人生で初めて、余裕ができました」

 キレのあるアクションで人気を博す女優・武田梨奈が12月11日、東京・新宿区の戸塚警察署の一日署長に就任し、高田馬場駅前でイベントを行った。“一日警察署長”のタスキをかけた武田は「今年で、4年連続で一日警察署長をやらせていただいています。最近、刑事もので呼ばれることが多いので、身も心も引き締まる思いで嬉しいです」と笑顔を見せた。

 同署が実施する「STOP暴力キャンペーン」と、武田の主演映画「三十路女はロマンチックな夢を見るか?」がコラボレーション。衣装に対し「毎回緊張します。役としてではなく本人として着ているので、本物の重みを感じます」とはにかみつつも、駅前でティッシュ配りも行いキャンペーン周知に努めた。

 「高田馬場はよく飲みにきますが、この時期は忘年会や新年会などトラブルが起こりやすくなっています。駅でも痴漢行為が少なくないと聞いています。トラブルがないよう、皆さまが楽しく年末年始を過ごせたらと思っています」と語った武田。自身も酔っぱらいに絡まれたことがあるそうで、「駅で電車を待っていた時に『キックしてくれや』と(笑)。しなかったですよ、基本スルーします」と笑った。

 また映画は、冴えない女性会社員がひょんなことから銀行強盗と逃亡劇を繰り広げる姿を描いたエンタメ作品。タイトルに絡め「三十路までにやっておきたいことは?」と問われると、「女は30歳からとよく聞くので、大人の女性と言われるようになりたいですね」と述べ、映画の見どころを「(強盗役の)久保田悠来さんとロマンスが生まれるか、生まれないかみたいな、今までとは違った大人なシーンがあります!」とアピールした。

 さらに、この1年間を振り返り「人生で初めて、少しだけ余裕ができました。初めてお休みを頂いて海外に行かせてもらって、挑戦もさせてもらいました。プライベートでタイに行き、『マッハ!』のアクションチームと練習させていただきました。来年、いろんな場で披露できればと思います」と決意を新たに。続けて「車の免許を取ろうと、やっと教習所に通っています」と明かしていた。

 「三十路女はロマンチックな夢を見るか?」は、2018年3月31日から東京・シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開。


関連記事

映画.comの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索