篠原涼子VS芳根京子!念願の再共演「今日も嫌がらせ弁当」で親子役

篠原涼子VS芳根京子!念願の再共演「今日も嫌がらせ弁当」で親子役

 女優の篠原涼子と芳根京子が、塚本連平監督がメガホンをとる「今日も嫌がらせ弁当」に出演し、母娘を演じることが明らかになった。2人の共演は、ドラマ「ラスト・シンデレラ」以来2度目となる。

 今作は、Amebaブログのデイリー総合ランキングで1位に輝いた「ttkkの嫌がらせのためだけのお弁当ブログ」が原作。なかでも、特に反響の大きかったお弁当と日記を抜粋して書籍化したエッセイ「今日も嫌がらせ弁当」(三才ブックス刊)のシリーズ累計発行部数は20万部を突破している。映画でも、八丈島に住むシングルマザーのかおりが、高校生の娘・双葉に仕掛けたお弁当をめぐる親子バトルを軸に構成されていく。

 主人公の持丸かおりを演じる篠原は、これまでのスタイリッシュなイメージを一新。反抗期を迎え生意気な態度をとる娘に、お弁当で立ち向かう新たな母親像に挑む。原作だけでなくブログも読んでいたそうで、「『嫌がらせ弁当』というキャラ弁を通して反抗期の娘のコミュニケーションを取るお母さんなんて面白いけど素敵だな、と感じていました」と述懐。だが、「まさか自分がそのお母さんを演じることになるとは! さらに久々の共演となるカワイイ芳根京子ちゃんが反抗期の娘になるとは! ふたりが『嫌がらせ弁当』を通してどんな『母娘バトル』を繰り広げるのか、今からワクワクしています」と語り、期待を寄せている。

 一方、娘の双葉に扮する芳根は、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」のヒロインを務め上げ、その後も着実にキャリアを積んでおり、憧れの人と公言する篠原との“再会”に思いを馳せている。初共演作「ラスト・シンデレラ」撮影当時に触れ、「あの時はまだ右も左もわからない状況で、付いて行くのに必死でしたが、あれから5年の間にいろんな経験をさせてもらいました。今の全力をぶつけたいです」と意欲満々。「しかも篠原さんの娘役。しかも『母娘バトル』がテーマの映画なんて、ぶつけ甲斐があるにもほどがあります!」と撮影を心待ちにしている。

 数年前に書店で原作を見つけたという塚本監督は、「立ち読みしながら声を出して笑ってしまいました。すぐに映画化したいと思いプロットを書き始め、そして今、思い描いていた最高のキャストと共に撮影が始まります」と明かす。「ふたりが繰り広げる母娘バトルを、監督・脚本のわたし自身が早く見たくてたまりません。笑って笑って、泣けて、心にグッとくる映画。さあ、いよいよスタートです!」とコメントを寄せた。

 双葉の高校入学から卒業までの3年間にわたる母娘バトルを描く今作は、3月下旬から八丈島でクランクインする。


関連記事

映画.comの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索