松江哲明も勘違い!? NBAスター選手を老人に変身させた驚異の特殊メイク

松江哲明も勘違い!? NBAスター選手を老人に変身させた驚異の特殊メイク

 米NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)のスター選手と、ハリウッドコメディ俳優の豪華共演が実現した映画「アンクル・ドリュー」の公開記念トークショーが10月16日に東京・一ツ橋ホールで行われ、ドキュメンタリー監督の松江哲明氏、HIPHOP情報サイト「Amebreak」編集長の伊藤雄介氏、音楽ライターの渡辺志保氏が登壇した。

 特殊メイクで老人に扮した現役NBA選手、カイリー・アービングがストリートボーラーに勝負を挑み、超人的プレイを披露するという、累計1億回再生を記録した米ペプシ社のドッキリCMを長編映画化。アービングをはじめ、シャキール・オニール、レジー・ミラー、クリス・ウェバー、ネイト・ロビンソンらNBAのレジェンド選手が特殊メイクで老人に変身。“じいさんドリームチーム”を結成し、息もつかせぬ神業プレイを連発する。

 作品の感想を問われた松江監督は「昔CMを見たことはあったんですけど、すっかり忘れていて。前情報なしで映画を見て、恥ずかしながら最初は本物のおじいさんのパフォーマンスだと思っていました」とはにかんだ。伊藤氏はファンだというアービングのスニーカーで登場し、「メインキャストの方たちが、現役または歴史に残る名選手ぞろい。そういう選手たちのガチなプレイ、テクニックに圧倒されますよね」と熱弁した。

 見どころについて、松江監督は「CMのインパクトとは違うところで作っているのがいい。物語がすごく強くて。おじいちゃんたちがプレイだけではなく、お芝居の面でも引っ張っていて。映画『グラン・トリノ』みたいな世代間のコミュニケーションの深さが良かった」と絶賛。伊藤氏は「現役のアービングはまだ20代で若いんですけど、史上最高にドリブルが上手い選手で、ものすごく華があります。オニール、ミラーはNBAの全国中継の解説者をやっていて、現役時代を知っているお父さん世代だけではなく、解説者として子どもにも馴染みがあるんですよね」と、様々な世代が楽しむことのできるという本作の魅力を紐解いた。

 「アンクル・ドリュー」は11月9日から全国で公開。


関連記事

映画.comの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索