「次のデート、どこ行こう?」なら新宿へ!二人の休日をランクアップさせる、新宿一日デートプラン♪

カエデ、イチョウ、プラタナス……美しい紅葉を楽しむ朝の散歩デート/新宿御苑


秋中の池

▲写真提供:新宿御苑

デートは秋晴れの「新宿御苑」からスタート!新宿御苑前駅または新宿三丁目駅からいずれも徒歩約5分。9:00開園なので、「早い時間からデートしたい!」というカップルにオススメです。

広さ約583,000平方メートル(東京ドームの約12個分)の広大な敷地内には、さまざまな花木が植えられているほか、温かい空気の中で熱帯植物を観賞できる「大温室」や、皇族の休憩所として明治29(1896)年に建てられた「旧洋館御休所」などもあり、見どころいっぱいです。



台湾閣

▲写真提供:新宿御苑

そして、なんといっても新宿御苑の秋の名物といえば、美しい紅葉。毎年、10月中旬から12月上旬にかけて、カエデ、イチョウ、モミジ、メタセコイアなどが次々と色づき、園内全域を鮮やかに染め上げます。落ち葉がヒラヒラと舞う中を、彼と一緒に歩いてみては?

日本庭園エリアでは、歴史建造物の「旧御凉亭」と紅葉のコラボに、おもわず目を奪われます。



ばら

▲写真提供:新宿御苑

整形式庭園のプラタナス並木も見ごろを迎え、その横では11月下旬頃まで、香り高い約110種500株の秋バラを楽しめますよ。

イベントも行われていて、11月15日までは「新宿御苑菊花壇展」を開催中。皇室ゆかりの菊の花々があでやかに咲き誇ります。

さらに、11月27日〜12月2日には「第30回新宿御苑洋らん展」を開催。愛好家からの応募作品と、新宿御苑で栽培している洋らんが展示され、艶やかな花、甘い香りなど、洋らんの魅力を間近で感じらます。

どちらのイベントも入園料のみでOKなので、花好きならぜひ足を運んでみて!



新宿御苑
住所:東京都新宿区内藤町11
電話番号:03-3350-0151
開園時間:9:00〜16:00(閉園は16:30) ※酒類持込禁止・遊具類使用禁止
休園日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌平日)、12月29日〜1月3日
入園料:一般200円、小中学生50円、幼児無料
最寄駅:新宿御苑前、新宿三丁目




約2,500冊の本を自由に読めるカフェで、ランチ&読書タイム/Brooklyn Parlor SHINJUKU


マンスリースペシャルメニュー

散歩のあとのランチにオススメなのが、新宿三丁目駅から徒歩約1分、「新宿マルイ アネックス」の地下1階にある「Brooklyn Parlor(ブルックリン パーラー)SHINJUKU」。こだわりの新鮮素材を使った月替わりの「スペシャルランチ」(平日限定)を提供しています。

11月は「もちぶたロース肉ソテー/胡桃と加賀れんこんのピラフ/スクランブルエッグ」(1,620円)が登場。そのほか、週替わりのランチメニューも人気です。



ブルーチーズ&グリルパイナップルバーガー

そして定番の人気メニューがこちら、「ブルーチーズ&グリルパイナップルバーガー」(1,620円)。ブルーチーズの塩加減と、パイナップルの甘さが絶妙にマッチしたボリュームたっぷりの一品です。



ブルックリンパーラー ペールエール

ドリンクメニューも充実していて、「ピーチアプリコットティー」(702円)や「レモネード」(648円)といったソフトドリンクはもちろん、アルコールも終日提供。自然派ワインのほか、オリジナルビールの「ブルックリンパーラー ペールエール」(734円)を昼から楽しむお客さんも多いそうです。


また、店内に置かれた約2,500冊の本が自由に読めることも、このお店の魅力。写真集や小説、エッセイ、哲学書など幅広いジャンルが揃い、購入も可能。お気に入りの一冊を見つけたら、迷わず手に入れちゃおう!



カウンター席

2018年7月には、店内の入り口付近を改装して、新たにカウンター席も登場。もちろん、イスの座り心地は◎。彼と並んで腰掛けて、ランチ&読書のまったりした時間を過ごしませんか?



Brooklyn Parlor(ブルックリン パーラー)SHINJUKU
住所:東京都新宿区新宿3-1-26 新宿マルイ アネックス B1F
電話番号:03-6457-7763
営業時間:月〜土11:30〜23:30、日・祝11:30〜23:00
定休日:不定休(新宿マルイ アネックスに準ずる)
最寄駅:新宿三丁目




おうち感覚でリラックス。ソファ席でのんびり映画鑑賞/新宿ピカデリー


ピカデリー外観

お腹がいっぱいになったあとは、映画はいかが?新宿三丁目駅から徒歩1分のシネマコンプレックス「新宿ピカデリー」には、カップルで座れるソファ席があるんです!



プラチナシート

こちらが二人がけソファ席「プラチナシート」(1名5,000円)。目線の高さにスクリーンが来るベストポジション!リッチな気分で迫力の映像を堪能できちゃいます。

座り心地抜群のソファは、イタリアの有名家具メーカー「カッシーナ社」の日本輸入代理店として知られる「カッシーナ・イクスシー社」のオリジナル・デザイン。オットマン(足乗せ用のソファー)の中に手荷物が収納でき、小テーブルと手元ライトが設置されています。

さらに、上映開始1時間前から、専用ラウンジでウェルカムドリンクを楽しみながらくつろげるという贅沢なサービス付き。「スクリーン1」にしか設置されていないので、映画を選ぶことはできませんが、ぜひ普段とはひと味違うラグジュアリーな映画鑑賞を楽しんでみてください。



プラチナルーム

ちなみに、「もっと二人の世界に浸りたい!」というカップルのために、プライベートルーム型のバルコニー席「プラチナルーム」も用意されています。

まさに映画館のスイートルーム!ソファはカッシーナの名作といわれる「ポルトヴェーネレ」で、専用のサラウンドスピーカーを設置。上映時間1時間前から専用ウェイティングルームの利用が可能で、ドリンクのほかデザートも提供されます。

価格は「2名で30,000円」とちょっとお高めですが、記念日などの特別な日に彼におねだりしてみては?



新宿ピカデリー(松竹マルチプレックスシアターズ)
住所:東京都新宿区新宿3-15-15
電話番号:050-6861-3011
営業時間:日によって異なる
休館日:無休
最寄駅:新宿、新宿三丁目




天然温泉でリラックス。湯上がりは、お酒を飲みながら会話を楽しもう/新宿テルマー湯


テルマー湯

温泉好きのカップルにぜひオススメしたいのが、新宿三丁目駅E1出口から徒歩2分の「新宿テルマー湯」。「都会の中心で五感を潤す」をコンセプトに2015年に誕生した都心最大級のプレミアム・スパで、地下2階から地上4階まで6フロアで構成されています。

自慢の露天風呂「神代の湯」は、毎日、中伊豆からタンクローリー運んできた天然温泉を使用。温度はちょっと熱めの42℃で、少し浸かっただけでも体がポカポカに温まります。

さらに、関東最大級の高濃度炭酸浴やサウナのほか、岩塩、ゲルマニウム、黄土など、多様な種類の岩盤浴(810円)もあります。


ゆりかごのようなイス

ラウンジスペースも充実していて、4階のラウンジには、ゆりかごを思わせるようなこんなかわいらしいイスも。



テルマー湯BAR

また、地下2階のラウンジはゆったり過ごせるソファ仕様。ビールやカクテル、ソフトドリンクが豊富にそろう「テルマー湯BAR」もあるので、湯上がりにお酒を飲みながら彼と一緒にくつろぐのにももってこいですよ♪


館内には、旬の食材を使った創作和食を提供する「旨い酒と肴 ごちそう居酒屋 山水草木」と、アジア各国のエスニック料理がそろう「エスニック居酒屋 ベジ&ヌードル からんころん」という2つのレストランもあるので、ゆっくり食事を楽しむこともできます。

翌朝9時まで営業しているので、時間を気にせずに長居できるのもうれしいですね。さまざまな使い方ができそうな施設なので、うまくデートプランに取り入れてみてください!



新宿テルマー湯
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-1-2
電話番号:03-5285-1726
営業時間:11:00〜翌9:00
入館料:平日2,364円(深夜4,200円)、土日祝2,688円(深夜4,524円) ※入湯税、館内専用ウエア、タオルレンタル料を含む
定休日:設備点検・整備などにより休館の場合あり
最寄駅:新宿三丁目、東新宿




地上202mから眺める東京の夜景にうっとり/都庁展望室


都庁タテ

▲写真提供:観光情報・体験予約サイト「ぐるたび」

やはりデートの最後には、ムーディーな時間を過ごしたいもの。そこでオススメなのが、新宿駅から徒歩約10分の東京都庁に設けられた「都庁展望室」。地上202mの高さから、東京の夜景を一望できちゃいます。無料で入室できるうえ、23:00と遅くまで開室しているのも便利です。



都庁

▲写真提供:観光情報・体験予約サイト「ぐるたび」

東京都庁は、第一と第二本庁舎に分かれていますが、展望室があるのは第一本庁舎。そして展望室は「北展望室」と「南展望室」の2つあるのですが、残念ながら「南展望室」は都庁舎改修工事にともない、現在休室中。2019年春頃にリニューアルオープン予定とのことなので、楽しみに待つことにしましょう。



都庁展望室からの夜景

▲写真提供:東京都

北展望室が設けられた45階までは、専用エレベーターで約55秒。そして、上がった先で見られる夜景がこちら。

東京の街にそびえるスカイツリーが見えます!これ以外にもダイナミックな夜景が楽しめるのですが、写真では、その迫力を伝えきれないのが残念……。ぜひ足を運んでその目で見てください。



都庁展望室からの絶景

▲写真提供:観光情報・体験予約サイト「ぐるたび」


ちなみに、昼間訪れるとこんな景色が待っています。
眼下に広がる東京の街並みだけにとどまらず、横浜、伊豆、甲府方面まで眺めることができ、晴れた日には富士山も見えるとのこと。

美しい景色を目の前にして語り合えば、彼との距離もグッと近づくはず!二人の世界にどっぷりと浸っちゃいましょう! 



都庁展望室
住所:東京都新宿区西新宿2-8-1
電話番号:03-5320-7890(平日10:00〜17:00)
開室時間:9:30〜23:00(最終入室は閉室の30分前)
休室日:北展望室 第2・第4月曜日、南展望室 第1・第3火曜日(改修工事にともない、現在休室中。2019年春頃にリニューアルオープン予定)
※祝日の場合は開室、その翌日が休室
※12月29日〜31日、1月2日・3日、都庁舎の点検日は両展望室とも休室
入室料:無料
最寄駅:都庁前、新宿



取材・文/ナカザワナオ
※2018年11月9日現在の情報です。料金・メニューなど、情報は変更になる可能性があります。
※料金はすべて税込です。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

レッツエンジョイ東京の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索