オープンしたて!世界初バスボム専門店「LUSH 原宿店」が、最新技術を駆使したおしゃれなアート空間だった

バスタイムが楽しくなる!遊び心あふれる仕掛けが楽しい/LUSH 原宿店


LUSH 原宿店 入り口

原宿駅の表参道口から徒歩2分。かつて「LUSH」の原宿表参道店があった表参道沿いに建つのは、2018年11月にオープンした「LUSH 原宿店」。

入口付近に近付くだけで華やかな香りが漂っていて、今回のレポーターの岡田彩花さんもテンションが上がります♪



LUSH 原宿店 店内

壁一面にバスボムがディスプレイされた店内は、壮観の一言。その数およそ9000個というから驚きです。見渡す限りカラフルなバスボムがいっぱい並んでいるので、ひと目でバスボムの世界に引き込まれてしまうはず♡



LUSH 原宿店 回転レーン

回転寿司のように商品を乗せて回っているレーンも!さまざまな色や形のバスボムが次々に流れてくる様子に、思わず彼も笑顔になるはずです。


LUSH原宿店の限定商品は57種類をラインナップ!


LUSH 原宿店 バスボム

「LUSH」はイギリスを拠点に世界49の国と地域に930以上の店舗を展開していますが、バスボム専門店は初めて。お風呂文化が根付いている国だからと、初出店を日本に決めたそう。

同社がバスボムを誕生させた1989年にちなみ、ラインナップは計89種類。うち57種類は、なんと原宿店の限定品です。



LUSH 原宿店「キツネ ボム」

限定アイテムは、日本文化を反映したものが目立ちます。九尾の狐の物語に着想を得た「キツネ ボム」(960円)は、シチリアンマンダリン、シダーウッド、パチョリ、ベンゾインをブレンドした香り。爽やかなシトラスノートが魅力です。



LUSH 原宿店「ラッキー キャット」

キュートなピンク色の招き猫「ラッキー キャット」(760円)は、ジャスミンエキス、ネロリオイル、イランイランオイルをブレンドしたフローラルノート。

お湯を紫がかった濃いピンク色に染めながら、中からカラフルな星が出てきます。溶けていく様子を見ても楽しめそうですね。



LUSH 原宿店「ハラジュク ボム」と「ゴッデス ボム」

色鮮やかで自由な原宿ファッションからインスピレーションを得た「ハラジュク ボム」(右/960円)、上品なフローラルノートと美しいライラック色のお湯が楽しめる「ゴッデス ボム」(左/960円)も人気です。



LUSH 原宿店「パイレーツ オブ カリギナン」

他にも、ラメを散りばめたきらびやかな王冠型の「ロイヤリティ ボム」(写真)、宝箱をかたどった「パイレーツ オブ カリギナン」、力士の形をした「ヨコズナ ボム」(各960円)など、唯一無二のバスボムがそろっています。


スマホをかざせば、価格や商品情報をチェックできる


LUSH 原宿店 バスボム

どの商品も、ラッピングされていない裸の状態で置いてあるので、手に取って香りや質感を確認でき、細部まで見ることもできます。

環境に配慮し、ゴミになってしまう包装を取り払ったそうですが、いろんな香りを手にとって確かめられるので、彼と一緒にお気に入りを探してみて♪



LUSH 原宿店 バスボムの紙袋

バスボムはカゴにそのまま入れてOK。表面のラメやソルトの移りが気になる人は、備え付けされている紙袋に入れるといいですよ。紙袋の柄もかわいいですよね♪

※通常、紙袋は1種類です。期間限定デザインの紙袋は、現在店舗にはございません。



LUSH 原宿店 店内

でも気になるのは、どこにも商品名や説明書き、値札がないこと……。通常のラッシュ店舗のように、実際にお湯に溶かして試せるシンクも見当たりません。

色とりどりのバスボムだけが、まるでギャラリーのように整然と陳列されているだけなのです。



LUSH 原宿店 店内モニター

実はここ原宿店、商品情報はLUSHが開発した専用アプリで確認する仕組みになっているんです。アプリは、店内のモニターから2次元バーコードを読み取るか、App Storeで「Lush Labs」と検索してダウンロードできます。

今のところiPhoneにしか対応していませんが、対応端末じゃない人も心配無用。お店がアプリのダウンロードを済ませた端末を貸してくれます。



LUSH 原宿店 アプリ画像

早速アプリを起動してカメラをお目当ての商品にかざしてみると……なんと、バスボムがお湯に溶ける動画が流れてきました!これはスゴイ!

何より便利だし、楽しい♪しかも、このアプリは他店舗のバスボムにも使えるそうです。



LUSH 原宿店「ブラックローズ ボム」

スクロールすれば、商品名や原材料、価格なども確認できます。

溶かすとキレイな紫色になる「ブラックローズ ボム」(960円)も、原宿店の限定アイテム。ローズオイルとレモンオイル、カカオバターがブレンドされているので、肌がうるおいそう♡



LUSH 原宿店「スシ ボム」

限定品には、巻き寿司をイメージした「スシ ボム」(760円)など遊び心あふれるユニークなものも。

「こんな風に溶けるんだ!」「使ってみたいね」なんて、彼との会話も弾みそう♪



LUSH 原宿店 バスボム

利用者からは、「シンクで試せるのも便利だけど、あれこれ試すのは気が引けるから、動画で見られるのは便利」といった声が上がっているそう。


「甘いものは苦手」という彼へのバレンタインギフトにもぴったり


LUSH 原宿店 ビッグサイズのバスボム

バレンタインギフトとして、お互いに喜びそうなバスボムを贈り合っても素敵♡ちょっと奮発するなら、ビッグサイズで花やフルーツの入ったとびっきり贅沢なバスボムもありますよ。



LUSH 原宿店「フルーティ ジャイアント ボムシェル」

本物のフルーツのスライスが入っているのは「フルーティ ジャイアント ボムシェル」(2,490円)。甘く爽やかなシトラスの香りに癒やされて、心身ともにリフレッシュできそう。



LUSH 原宿店「ドリーミー ジャイアント ボムシェル」

乳白色のお湯にカモミール、ラベンダー、ローズのドライフラワーが優美なバスタイムを演出する「ドリーミー ジャイアント ボムシェル」(2,490円)も、ラグジュアリーな気分になれそうです。



LUSH 原宿店「Knot Wrap(ノットラップ)」

店内の一角には、リサイクル素材やフェアトレードの布で作られたオリジナルの風呂敷「Knot Wrap(ノットラップ)」(600円〜)など、バスボム以外の商品も置いてあります。



LUSH 原宿店 

カラフルで個性的な柄の「Knot Wrap(ノットラップ)」は、手軽に特別感を演出できて、ギフトにぴったり♪バスボムもおしゃれに包んでもらえば、きっと喜ばれるはず。


ユーザーの声を生かした新アイテムが生まれるラボ


LUSH 原宿店 店内

「LUSH原宿店」は、利用者のフィードバックを受けてさまざまな施策を試すラボでもあります。

「こんな商品がほしい」「こんなサービスはどうか」といった意見やアイディアを、ハッシュタグ「#LushLabs」を付けて発信すれば、数カ月後には実現しているかもしれませんよ♪



LUSH 原宿店 店内

既存店とはひと味違う「LUSH 原宿店」。バスボムをイメージしたペンダントライトなど、原宿らしさ全開のポップなインテリアもかわいいですよ。


まとめ


LUSH 原宿店 店内

お風呂にゆっくりつかれば、寒さでガチガチになった身体はほぐれ、心もゆるんで、ハッピーに♪オーガニック素材と香り高いエッセンシャルオイルにこだわったLUSHのバスボムで、二人で至福のバスタイムを楽しんでみては?


LUSH 原宿店
住所:東京都渋谷区神宮前1-13-11 大西ビル1F・2F
電話番号:03-5413-5131
営業時間:11:00〜21:00
定休日:不定休
最寄駅:明治神宮前〈原宿〉/原宿/表参道




岡田彩花さん

★今回紹介してくれたのは
岡田 彩花さん

1993年生まれ。成蹊大学ミスコン2014グランプリ、Miss of Miss2015アナトレ賞。TVや雑誌、ラジオなど幅広く活躍中。レギュラー番組に、文化放送「A&Gリクエストアワー 阿澄佳奈のキミまち!」(レギュラーレポーター、毎週日曜11時〜13時)などがある。

取材・文/佐々木 志野
※2019年1月18日時点の情報です。価格は税込。情報、内容等は変更になる場合があります。


関連記事

レッツエンジョイ東京の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索